記事一覧

純米酒が日本の田んぼを救う!?日本の農業を元気にしよう!! 下村酒造店の想い

ファイル 119-1.jpg

日本酒と呼ばれるお酒は、有史以来ずっと
「 米 」と「 米麹 」だけで造られてきました。
米そのものの旨みが生きる「 純米酒 」こそが本当の日本酒でございます。
しかし、
戦後の米不足の影響から醸造用アルコールや糖分、香料を添加した、
いわば工業製品的な日本酒が造られました。
今なお、そのような日本酒が多く造られているのが情けない実情です。
戦後の米不足から一転、
日本は米あまりの状態となり、
減反政策が敷かれるようになりました。
米が作られなくなって、田んぼは荒れ放題、
日本人の心の原風景がどんどん消えていく・・・・・。
しかし、
純米酒を飲む人の数が増えたなら、米の消費量は確実に増えます。

( 何でも、20歳以上の国民ひとりが1日1合の純米酒を飲むことで、減反の必要がなくなるそうです。※参考「 純米酒 Book 」山本洋子著/グラフ社 )
毎日の晩酌で、日本の田んぼが蘇る。
ほろ酔いでいい気分になりながら、日本の米作りを元気づけられるなんて、ちょっといい話しじゃありませんか。


※ 「 米 」と「 米麹 」だけで造られる純米酒に比べて、醸造用アルコールを添加したお酒は、添加した分だけ出来るお酒の量が増えます。醸造用アルコール添加酒は、「 純米酒 」に比べて少ない量の「 米 」「 米麹 」でお酒が造られるので米の消費量は「 純米酒 」に比べて少なくなるわけです。

例えば、分かりやすく数字で表すと、
純米酒の1,000kg仕込みでは、原料米:1,000kgと仕込水1,250リットルを使うのに対して
本醸造酒の1,000kg仕込みの場合には、原料米:1,000kgと仕込水1,250リットルに加えて、40%アルコール:290リットルを添加します。
醪(もろみ)を搾って、それぞれ300kgの酒粕が出来上がるとして、
上記の純米酒では、1,950リットル、一升瓶換算で1,083本のお酒ができあがるのに対し、
上記本醸造酒の場合には、2,530リットル、一升瓶換算で1,405本のお酒ができあがります。
つまり、同じ1,000kgのお米から、アルコール添加酒の方が322本も多くのお酒が造れるわけです。
さらに言うと、322本のお酒を純米酒で造るには、257kgのお米が必要になります。
「 奥播磨 超辛 黒 生 」の精米歩合」が55%ですから、玄米にして467kg、8俵弱ですね、実に1反の面積の田んぼを必要とする数字です。
言い換えれば、たったこれだけの事で、減反政策の敷かれているうちの1反分は、ふたたび耕作地となりえるわけです。
(1反=1町の10分の1=100メートル×10メートル)
ご興味方々、検算してみてください。