記事一覧

酒屋にもメッシが必要!

こんにちは 製造部 アラキです。
今週は下村酒造に強力助っ人が来てくれています。
地元安富中学校から2人 とらいやるウイークなるものがありまして、下村酒造にもお手伝いに来てくれています。
中学2年生で、なんとも可愛らしいもんです。自分の中2のころなんて・・・・。思い出すのも恐ろしい、そんな中2だったような・・。刺激的な中学時代を過ごしたものです。
彼らも何かしら、印象にのこる中学時代をすごしてもらいたいもんです。
で、本日は山廃の瓶燗で、この暑い中汗びっしょりになって頑張ってくれました。明日もよろしくです。

てな訳で、今週は超強力助っ人が手伝ってくれています。
後、少し頑張ってくださーい。

サッカーで、言うところの『メッシ!!』が奥播磨にきたような・・・・。超強力助っ人。違うか!!?

ちょいとばかし、使い方をまちがったような・・。すいません。

下村酒造店にてトライやるウィーク 4 『またあつかった』

ファイル 140-1.jpgファイル 140-2.jpgファイル 140-3.jpgファイル 140-4.jpgファイル 140-5.jpg

今日は、瓶に酒を入れてフタをする作業をしました(詰口作業)。
これは、ものすごく熱かったです。何をするかというと酒を入れた瓶を、70℃ぐらいの熱湯に入れることです。入れるとき、お湯に指が触れたので、とても熱かったです。とくに熱かったのが、お湯が目に飛んできたことです。あと、瓶をお湯から出すときです。瓶の先のほうをもって引き上げますが、先のほうもかなり熱いのでとてもしんどかったです。でも楽しかったです。でも3回連続で熱いのがくるとかなり疲れると思います。でも頑張りたいです。

    姫路市立安富中学校 2年A組 仲嶋 泰我

下村酒造店にて、トライやるウィーク 3 『手が焼けかけた第三日目』

ファイル 139-1.jpgファイル 139-2.jpgファイル 139-3.jpgファイル 139-4.jpgファイル 139-5.jpg

 お湯に手を入れて、「手が焼けた」と思ったのは初めてやった。  詰口作業と、火入れ作業【瓶燗】をしました。僕がしたのは火入れ作業です。お酒を瓶ごと、湯煎する作業です。けど、役割が二つあって、瓶をとる作業と、瓶を入れる作業です。最初にしたのは、瓶を入れる作業です。「瓶を入れるだけやん」とおもいました。けれど、お湯がめっちゃ熱くて、体が蒸発しそうでした。実際に、蒸し暑くて、お酒のむせかえるにおいと蒸気で、バテテしまいました。その後は、酸素が欲しくて草に這いつくばっていました。そしたら、仲嶋君が、瓶をお湯の中で倒していました。それからは、頭がクラクラしました。
 次にしたのは、瓶をとる作業です。65℃の瓶を取るのは至難の技でした。熱くて熱くて火傷しそうでした。一回に10個も取れずにリタイアしました。仲嶋君は何個もとれて イ~な~ と思いました。

     姫路市立安富中学校  2年B組  古井 慎也