記事一覧

納豆解禁!!

酒造りが終わり、大好きな納豆が食べられるようになりました。
東京農業大学に入学した昭和50ねんには、納豆がまったく無理でした。
卵1個と納豆の価格を比べると納豆の方が安かった記憶をしています。
貧乏な学生にとっては、納豆は必需品でした。
最初は、息を止めつつ、ご飯の上にのせ食べてましたが、
次第ににおいにも慣れ大好きになりました。
今の納豆に比べ、当時の納豆は、しっかりとしたにおいがありました。
でもあのにおいは、魅力的です。
今は、なかなか出会うことがないです。

小泉武夫先生の著作 『 納豆の快楽 』にも書かれていますが、
最近、若者にどんどん納豆を食べてもらおうと、
納豆メーカーの中には、
あの臭みを無くする新製品の開発が進んでいるということですが、
納豆の強烈な美味さの条件の1つが、あの臭みなのですから、、、、、。
私も同意見です。

私自身、食べ物にはすごく、こだわりを持っていて、
納豆の薬味には白ネギです。
でも、うどん・そば・ラーメンには、青ネギです。

昨晩、久々に 『 納豆の快楽 』を読みました。
納豆の練り方ですが、
この練り方が拙いと納豆の味が出ないそうです。

最初に、納豆だけを何も加えないで、よく練り混ぜる。
納豆の糸を出せば出すほど、納豆は美味しくなるそうです。
それから、醤油を数滴落として、また練る。
それで、また練り、
糸の姿が無くなったら、出来上がり。
そして、辛子を入れて、よく混ぜる。

今日、早速してみます。
4月1日に3パック、
2日に3パック、
今日も3パックの予定です。

1年分をしっかり食べておかないと!!