記事一覧

内は内

こんにちは。製造部 アラキです。

今日は午前中はお酒のしぼり(上槽)がありました。
しぼったお酒は
 “超辛純吟 黒”
これは瓶燗火入れした後、半年から1年後に出荷。
今、出ている23by黒が終わり次第、切り替わる予定になるお酒です。

火入れしたお酒はすぐには火冷め香なるものが出て、これは味わいの落ち着きと共にこの香りも消えていくそうです。

それには半年近くかかる為、奥播磨では火入れのお酒は少なくとも半年以上は寝かし、程よい熟成と味の落ち着きを待ってからの出荷になります。

奥播磨は酒質重視の蔵なんです。

本来、どこでもそうあるべきなんですけどね・・。

ま、“他所は他所。内は内。”

そういえば子供の頃、無いものねだりをしてはこう言って怒られた記憶があります。
そうなんですよね。他所を見るよりは内のお酒を見つめ、より上の酒質へ。


奥播磨はこれからも
“内は内!!”