記事一覧

揖保川へアマゴ釣行

ファイル 450-1.jpgファイル 450-2.jpgファイル 450-3.jpgファイル 450-4.jpgファイル 450-5.jpg

<釣り>
揖保川の支流へ。
市販のオーナー針の仕掛け、少し大きめ7.5号針。
餌は高井酒釣り具店のミミズ。
3月31日、曇り空
雪解け水、少なめ
流れ、早い


今期初の獲物、
締めて3匹、18ー21cmクラス。
素敵なプロポーションです、とくに天然物は(手前の1匹がそれです)。
まだまだ水温の低い3月31日、アマゴも食い渋って慎重な当たりでしたが、さすがに、引きは強烈。
食いも浅かったので、2度の針ばらし。

<仕込み>
釣ったら食います。
食うものしか釣りません、
誓います。
食わなければ、ただの殺生、厭味です。
食ってこそ、供養。
それが僕の血となり肉となる。

汚れ落としの為に、うろこ取ります。
腹を掃除します。
胃袋と肝は珍味、切り分けて丁寧に洗います。
胃袋と肝は、再びアマゴの腹に入れ戻します。
(※ 40cm超なら、舌も美味しく食べられます)。
(胃袋の掃除のついでに、胃の内容物の確認。たくさんのガザを捕食していました。キンパクですね。)

<調理>
焼きました。
(40cm超なら、食べ応えありますから、刺身も旨いです。)
塩は、降っても降らなくても構いませんが、
今回は、醤油で頂きたい気分、うちのお酒に合わせる意味でも。
だから、塩降りません。
新鮮ですし、塩なくても魚の皮が破れたりしません。

<食べる>
まづは、養殖魚。
旨い。アマゴは最高に旨いです。
次も養殖魚。
旨い。柔らかくて甘くて。
最後、天然物。
感動。
比べようもない、旨いです。
筋肉質で、ぐにぐにした食感。生き物を食べてるって実感できます。

養殖池で育ったのとは明らかに違っています。
身がパーンって張っています、はち切れそうです。
厳しい流れの中で生きてるものは美しい。
背もたれのないところの野生、憧れます。