記事一覧

平成28年度安富中安富中学校区トライやる・ウィーク第2日目『一生に一度の大仕事!!』

ファイル 635-1.jpgファイル 635-2.jpgファイル 635-3.jpgファイル 635-4.jpgファイル 635-5.jpg

トライやるウィーク2日目、
昨日とは少し違う作業になるんかな~と思いながら作業場に行くと意外に昨日と変わらず同じ作業をしました。
ですが、それは少しだけですぐに倉庫で別の新しい作業を始めました。
お酒が入っていた大きなタンクに巻いてある、【クーリングロール】という重い道具を、僕と拓巳君と、指導者さん2人の、4人がかりではずしていきました。
運ぶのは中学生2人でやったので、重くて運びにくかったのですが、15万円以上すると聞いて「絶対落としたらアカン!」と思い気合を入れたので、とてもスピーディーに出来、予想以上に早く終えることができました。

この作業は1年に1回しかしない作業なので、僕は将来こういうお仕事しないと思うのでとても貴重な、一生に一度しかできない体験でした。
昼からは、多鹿さんに「何がしたい?」と聞かれたので自分でやることを考えました。
 こういった自分で考えるということは、今後の学校生活や将来就職したときなどにも役立つとっても大事なことだと思うので、心に留めておきたいと思います。

作業にもだんだん慣れてきましたがしっかりと気を引き締めていきたいです!

姫路市立安富中学校 2年B組  安井 悠人

平成28年度安富中学校区トライやる・ウィーク第2日目『疲れた作業』

ファイル 634-1.jpgファイル 634-2.jpgファイル 634-3.jpgファイル 634-4.jpgファイル 634-5.jpg

1日目が始まったときはとても緊張していましたが、2日目は、「今日はどんな仕事をするのかな」と、わくわくしていました。
午前中は、ひたすら昨日洗っておいた空瓶をケースにしまう作業をして、それだけで腕が疲れました。
次に、出荷する瓶を袋に入れる作業をして、割れ物シールを貼ったりしました。
そのあとに、お酒の入っているタンクを冷やすクーリングロールという物をはずす作業をしてさらに疲れました。クーリングロールは、まあまあ重たかったです。大人2人と中学生2人ではずしました。クーリングロールをはずす作業は、1年で1回と教えてもらいました。貴重な体験ができてよかったです。
お昼休憩が1時間あって、弁当を食べて残った時間は寝てしまいました。
午後の作業は、出荷するお酒の入ったケースを全て運ぶ作業をして、また疲れました。作業をしている途中で指導者の方がよくいろんな話をしてくださいました。
今日は昨日よりハードな作業が多くて、力のいる作業ばかりで疲れましたが、1年に1回しかできない作業ができたのでよかったです。明日も気を抜かずに頑張ります。


姫路市立安富中学校2年B組   松本 拓巳