記事一覧

炭火焼鳥 花房

ファイル 550-1.jpg

つい先日まだまだ
生温い風吹く夕暮れ

発売前のお酒を持ち込んで
加古川、「 炭火焼鳥 花房 」
情報交換の場を
高砂、川西さんと

熱々の肝煮に敷いた大葉の辛みが暑気を払ってくれた

冷やした、『播秋 奥播磨』2品
厨房にも涼やかな花房孝樹さん

おかみさんの応対も爽やかに
居心地のよい空間を過ごせた

「 物差し 」 〜 円徳寺から学ぶ 〜

ファイル 540-1.jpgファイル 540-2.jpg

下村酒造店の南隣にお寺があります、円徳寺。


物差し

人間は
どういう尺度で
自分を測るか
その物差しによって
その人となりが
決まってしまう

多鹿テツヤ

酒屋冥利の会 大人の文化祭お酒の会

ファイル 533-2.jpgファイル 533-3.jpgファイル 533-4.jpgファイル 533-5.jpg

「 えっ!? 小学校でお酒が飲めるの!? 」
  「 はい!! 飲めるんですっ!! 」
7月7日(日)11:00~16:00
「 大人の文化祭 神戸の地で日本酒と共に 」
   non usuel のん・ゆ~じゅえる
        非日常から・・・・。

いいなあ、こういう催し
懐かしさもあって、
分かりやすく言えば、
「 カゴメ トマトジュース 復刻版ラベル 」の心地良さだ。

以下、岩井寿商店ホームページより。

•「第二回酒屋冥利の会」開催決定!
7月7日(日曜日)11:00〜16:00
長田区の旧二葉小学校
入場料2000円(食事代は別途)

***小学校で地酒を楽しむ会を開催します***

大人の文化祭
神戸の地で日本酒と共に

昨年、須磨海浜水族館を会場に開催いたしました
「今宵大人の貸切水族園in須磨」にひきつづき
酒屋冥利の会企画第二弾として「大人の文化祭」
を開催させていただくこととなりました。
旧二葉小学校という歴史あるロケーションの中で
神戸をはじめとした兵庫県・全国の蔵元さん達と
地元食品業者さんに多数参加頂き、小学校の教室で
日本酒と肴・アテを堪能して非日常(ノン・ユージュエル)
を体験して頂くことで、日本酒への興味を更に深めて
頂こうという企画でございます。
歴史ある校舎の中で少年・少女時代に思いを馳せ
美味しいお酒と肴をどうぞお楽しみ下さいませ。

ご家族連れで楽しんで頂ける様に
お子様には駄菓子のプレゼントと無料縁日コーナーを設けます。
もちろんお子様は入場料も無料ですよ。


参加蔵元

奥播磨・播州一献・紀土・小左衛門・花巴・龍力・土佐しらぎく
七田・富久長・一ノ蔵・荻の露・黒龍・奈良萬・菊鷹・八海山

以上15蔵の蔵元さんが参加予定です。
(※参加蔵元は一部変更になる場合がございます)

お食事は黒田蒲鉾さんや姫路の駅そば等盛り沢山です。


お問い合わせ
酒屋冥利の会事務局(丹元商店) tel、078-731-1410

製造部 多鹿テツヤ

喫茶 エデンの東

ファイル 532-1.jpgファイル 532-2.jpgファイル 532-3.jpg

喫茶店が大好きです


「 喫茶 エデンの東 」
街燈に誘われて、薄暗い店内の夕涼みは淫靡に隠れ家を想起させてくれます


おススメメニューは「 赤とんぼピザ 」
うすくち醤油発祥の地、播州たつのの醤油もろみが生地の間に練りこんであって
これでもかと主張してくる、その存在感が
パワフルな「 奥播磨 」のお酒を恋しくさせるほどです。

アンティ―クは、和洋を問わずに調和するといいます。
ジェームス・ディ―ンの喫茶店には、醤油の町の気概が溶け込んでいます。

☆☆ 平成25年夏 第50回 播州酒・食・文化懇話会 「 江戸の宴 」

ファイル 529-1.jpg

お酒の会のご案内です。
非営利に活動するメンバーの熱い思いを感じてください。

☆☆ 平成25年夏 第50回 播州酒・食・文化懇話会 「 江戸の宴 」
~ 國酒の伝承は播州の誇り 我が蔵の味はこれ!! ~ ☆☆

播州は水処、米処、酒処、それぞれの蔵が、蔵人が
伝統の技術と情熱で酒を醸します、素晴らしい酒が造られています。
その酒を楽しんで頂きたくこの会を開催いたします。
酒は地域文化のバロメーター。
旨いものがあるところには良い酒があります。
まさに、播州はこの総てが揃った処です。
ぜひ、ご参加いただき播州の酒をお楽しみください。


◎ なぜ、播州なのか? 播州のキーワード
 ・ 米処 山田錦
   日本一の酒米山田錦は播州で栽培されています。
 ・ 水処
   播州平野は2本の一級河川と3本の二級河川が流れる水の豊かな処です。
 ・ 前どれ
   前の瀬戸内海は、明石海峡、鹿ノ瀬、家島群島と漁場が多く魚種も豊富、そこで捕れる魚介を前どれと云います。
 ・ 播磨風土記
   現存する5つの風土記の1つ、播磨風土記に「かび」から酒を醸した記述があり、麹で酒を造った日本酒発祥の地と自負している。
 ・ 気候風土
   北に中国山脈、南は瀬戸内と四国、東は六甲の山脈と淡路島。天災が無く、先土器時代から人の住む肥沃の地。山海の幸であふれる地。 


◎参加蔵
 葵鶴(あおいつる:三木市)
 奥播磨(おくはりま:姫路市 安富)
 白鷺の城(しらさぎのしろ:姫路市 広畑)
 盛典(せいてん:加古川市)
 雪彦山(せっぴこさん:姫路市 夢前)
 忠臣蔵(ちゅうしんぐら:赤穂市)
 龍力(たつりき:姫路市 網干)
 播州一献(ばんしゅういっこん:宍粟市)
 倭小槌(やまとこづち:播磨町)
 來楽(らいらく:明石市)

◇日時/ 平成25年7月26日(金)
     18時30分受付開始 19時00分開宴
◇場所/ 明治記念館 蓬莱の間 」(定員240名、着席形式)
     東京都港区元赤坂2-2-23
       電話 03-3746-7711
◇会費/ 1万円
◇主催/ 播州酒・食・文化懇話会
◇お問い合わせ・お申込み 連絡先
 兵庫県神埼郡福崎町福崎新148
 (株)マルフク 後藤利豪
   電話 0790-22-0290
   ファクス 0790-22-3410


◎播州酒・食・文化懇話会とは?
~ こだわり続けて27年、播州酒・食・文化懇話会は常に次なる夢と可能性に挑戦していきます。 ~
~ 地域文化は地域の人々の営み、大切に育み、大切に継承してこそ価値が生まれる。「播酒懇」はそれを目指します。 ~
 播州が酒と食と文化の情報発信基地としての機能を有し発展することを願い、鋭い切り口、優しい思い、頑固な哲学で裏付けされたメンバーで構成し活動しようと27年前に誕生した営利を追求しない会です。
現在メンバーは酒蔵10、酒流通4、飲み手12名の26名です。

下村酒造店にて、トライやる・ウィーク第2日目 『 生徒たちのファインダー越し 』

ファイル 514-1.jpgファイル 514-2.jpgファイル 514-3.jpgファイル 514-4.jpgファイル 514-5.jpg

心奪われた一瞬の感動をスパッと鋭利に切り取って、その断面が写真に記録される

下村酒造店でトライやる・ウィーク活動に取り組んでいる生徒たちに、デジカメを渡しています。
蔵だより更新も下村酒造店のホームページを活性させる為に、重要な仕事のうちの一つですから。

休憩時間中に
2年A組中道祐介くんの担任、井上先生が訪問して下さいました。

「 もう〜、先生、来んでええわー 」中道くん、照れて満面の笑みで悪態をついてみせます。


<画像1>
井上先生「 うちの生徒たち、どうですか? 」
私「 マジメですねえ、言われた事をこなそうとして、100%の力で動き回ってるんで、きっと大分に疲れてると思います。でも、両親の働いてる姿を見る機会も滅多にないでしょうから、お父さんお母さん、しんどい思いもしながら、君らの為に働いてるんやって事も少しは分かってほしいですしね 」
井上先生「 ありがとうございます。お忙しいところ申し訳ありませんけど、宜しくお願いします。」

<画像2>
井上先生「 トライやる、どない? 」
中道くん「 めっちゃ、しんどい 」
井上先生「 学校と此処、どっちがええ? 」
中道くん「 こっち 」
井上先生「 ええー、なんでー、しんどいのに、こっち?あんたら居らへんから、学校が静かで、先生さみしいねんでー 」
中道くん「 先生、写真撮ったるわ 」
井上先生「 なんで〜、先生はええわ、先生が写真撮ったげるわ 」

<画像3>
尾形くん「 この写真、めっちゃ貴重やで。」
くぐり暖簾の隙間から大好きな先生を撮影。

<画像4>
私「 バカボンの腰高の浴衣姿とか、パンツ見えるような短足ズボンとか、格好悪いやろ?ラベルはな、お酒が美味しく見えるように貼るんやで。」

<画像5>
私「 どないや、疲れたんか!肩揉んだろ。ほら、元気になったやろ、仕事って楽しいな††
中道くん「 フー!目が覚めたー 」
中道くん「 もう〜、淳くん!写真撮らんとってー。」


製造部 多鹿テツヤ

平成25年度 姫路市立安富中学校区 「 トライやる・ウィーク 」

ファイル 508-1.jpgファイル 508-2.jpgファイル 508-3.jpgファイル 508-4.jpg

14歳かー、私がここ安志で暮らし始めたのが平成14年、その当時、保育園通いしてたんやもんね、
大きくなったなあ、
来年、小学校に上がる自分の甥っ子に重ね合わせて、懐かしいような変な感覚

今年もやります、
トライやる!!

安富中学校の2年生
2年A組 中道佑介くんと
2年B組 尾形淳くんと
昨日、14時前に来店


来週、6月3日〜7日のトライやる実施期間を前に
打ち合わせに

まだ始まってもないのですが早速に、
のぼり旗を立てる
前宣伝です

のぼり旗の立て方、分かる?尋ねたら
「 はい、学校で教えてもらいました 」
へえー、すげえ、頼むわ

「 あれ、入らへんやん、あれ、・・・ 」
教えては貰ったのだけど
自分の身にはなっていないのです
でも、直ぐさまに
手を差し出したりしません、考えさせます

アレコレアレコレ
尾形くん「 棒が逆や 」
そうや

アレコレアレコレ
それ、のぼり旗、立てれるん?
尾形くん「 あっ、縦が先やん 」
そうそう
中道くん「 下から入れたらええねやん 」

答えを伝えるのは
教育ではない

  < 今年度のスローガン >
夢に向かって 一歩前進 〜地域でつながる 五日間〜

  < 取り組みの趣旨 >
「 中学生が職場体験、福祉体験、勤労生産活動など、
地域での様々な体験活動を通じて、
働くことの意義、楽しさを実感したり、
社会の一員としての自覚を高めるなど、
生徒一人一人が自分の生き方を見つけられるよう支援する。
 また、「トライやる・ウィーク」への取組を通じて
学校・家庭・地域社会の連携を深め、
社会全体で子どもたちの人間形成や社会的自立の支援を行うこで、子どもたちを中心とした地域コミュニティの構築へと発展することを期待するものである。」
 
  < 成り立ち >
1995年の阪神・淡路大震災、その後の傷ましい事件を機に
兵庫県内の中学2年生を対象として、
1998年度から実施されている職場体験です。


職業訓練ではありません。
子供らを孤立させない、
子供らの不安を取り除く、
子供らに社会との繋がりを作る、
「 地域の子供は、地域で育てるんや!! 」
その契機です。

僕らも真剣に、覚悟して応対します。

彼らの緊張奮闘ぶりを、
彼らの言葉で、毎日、蔵便り更新する予定です。
もちろん、パソコン入力も彼らの手によります。
是非、読んでください、
宜しくお願いします。


下村酒造店 
11年C組 多鹿哲哉

高井釣具・酒店の燕の巣

ファイル 503-1.jpgファイル 503-2.jpgファイル 503-3.jpg

「悔しくてな、憎たらしいねん」

今日、青ラベルの配達、高井釣具・酒店に訪ねた。

「朝早うに、ガタガタって音してな。窓に黒い陰映っとって、扉開けたら、巣ごと落とされてるねん、見たら、カラスがな、くわえて行った雛、電線にバンバン叩きつけて食べてるねん。あれ見たら、誰でも腹立つで。それからずっとな、雛が巣立つまで網張ってるねん、カラス避けに。」
憤りそのまま、高井さんの表情に現れてて臨場感甚だしい。

「玄関の上に、巣があるやろ、僕が帰ってきたらな、5羽くらい、そやから3羽くらい雛やんな、玄関の扉開ける時に、ちょっと目が合うねん。そやけど、すぐに目閉じて寝てまうねん。この高さやで、僕が手伸ばしたら届く高さやん、目つぶって5羽寄り添って安心して寝てるねん、可愛いでえー」
話し続ける高井さんに
初孫を愛でるような、くしゃくしゃの笑み溢れる。

生き死には偶然とか言いながら、我が子を見つめる愛情をもって守り育てようとするものは、きっと安心して、すくすくと育って行くのだと思う。
北へ旅立つその日まで、
羽ばたきの練習怠りなく、ここで育って行くのだ。
小満よろしく、私も一安心して帰路についた。

高台寺和久傳さま、ご来店

ファイル 502-1.jpgファイル 502-2.jpg

京都、高台寺和久傳さま、ご来店

熱く熱く、蔵見学応対。

お八つの『西湖』が、つるるんっ、と涼風もって喉にながれ、
私を落ち着かせる
淡く舌に残る甘みが
今日の日を忘れられない一日にしてしまう

夏日となった安富町、下村酒造店にも心地好く風の流れる。


牡丹は花の富貴なり
蓮は花の君子なり

和久傳おもたせ、れんこん菓子『西湖』を頂いた、今日のお八つ時

蓮根粉と和三盆で作ったお菓子
甘物の苦手な私が美味しく頂けたこと、『西湖』まさに君子の味わいだ

おにし酒店さんのニューフェイス、ご来店

ファイル 497-1.jpgファイル 497-2.jpg

「 ありがたく、お客さまからご注文を受けたは良いのであるが、うっかり商品を切らしてしまっている故、あい済まないが、多鹿氏、急ぎ用意しておいてはくれまいか 」

「 わかり申した、道中、くれぐれも 」

飾磨から車を走らせて、おにし酒店の尾西栄一郎さん、お酒の引き取りにご来店、18日(土)の出来ごと


「 奥播磨の『 伝授 』発売された旨、風にお聞き申した云々、
奥播磨の『 青ラベル 』の発売はまだで御座るか、殿がお待ち候いあそばしておる云々、
この辺り、とみにとみに『 奥播磨 』へのお問い合わせ多く、はたと錯覚するのだ、もしや拙者
『 奥播磨 』のアンテナショップを運営しているような 」

「 商売繁盛、何よりでございます 」

「 父上、お酒のP箱、お運びいたしますー
そろそろ学童クラブも卒業、あかつきには店番もいたしますー 」

ニューフェイスも加わり、
尾西(おにし)酒店さんの夏が、魂ゆさぶる熱いものになること必至だ。

尾西(おにし)酒店
イオンモール姫路リバーシティすぐ近く、
国道250号線の西向き道路沿いのお店です。
皆様のお越しを歓迎するように、柿渋色の『 奥播磨 』の幟(のぼり)が風にはためいています。

ページ移動