記事一覧

奥播磨きき酒会 in 熊本

梅雨入りしたのに、全然雨が降りませんね。
どうも、製造部妹尾です。

6月2日(日)に毎年恒例である九州地方の酒販店を対象とした奥播磨きき酒会を熊本で開催しました。

今年は、熊本、鹿児島、宮崎、大分、長崎の5件の酒販店の方々に参加いただきました。お酒の出来はもちろん、今年の奥播磨の雰囲気を感じてもらえていたら幸いです。

会場を提供して頂いたのは、熊本市花畑町にある「酒とめし RIKI」さんでした。
店長さんは若い方でしたが、様々な日本酒と料理とのあわせ方を提案されていて、今回の会で出していただいた料理でも、奥播磨との相性を考えていただきました。
馬刺しをはじめ熊本の地の食材が、様々にアレンジされていてお酒との相性抜群でした。

店長さんのお話では、熊本でも日本酒を楽しまれる若い方が徐々に増えているということです。これからも、様々な料理で日本酒ファンを楽しませてください。
今回はご協力大変有難うございました。


しかし熊本での「くまもん」の勢いは凄いですねー。どこに行ってもいましたよ。われらが姫路のゆるキャラ「しろまる姫」にもがんばってほしいものです。かわいさでは勝ってると思うんですけど、それだけじゃないんですね。

日本酒燦々2013

ファイル 507-1.jpgファイル 507-2.jpg

お久しぶりです。製造部妹尾です。

投稿が遅くなりましたが、5月22日(水)に広島で大和屋酒舗さん主催のイベント「日本酒燦々2013」が開催されたので、参加させていただきました。

今年で8回目になる屋外のイベントです。奥播磨は3回目の参戦ですが、奇跡的に3回ともいい天気でした。
それもあってか、年々お客さんも増えているみたいで、今年は何と当日券も含めて1200人分のチケットが売れたらしいです。

たしかに、去年と比べてもお酒の減るペースがかなり早かった気がします。
特に、奥播磨の「夏の芳醇超辛 青ラベル」が好評でした。これをきっかけに、広島で「青ラベルブーム」が起こらないかな。

写真はイベント風景ですが、いまいち分かりにくいですかね。まあ、お客さんが沢山いるということで。

好きです・・・兵庫夢錦

今朝、あまりにも寒すぎて押入れから電気ストーブを出しました。どうも、製造部妹尾です。

今日も兵庫夢錦の話をします。
兵庫夢錦とは1993年度から酒米の奨励品種に採用され、県内西部の西播磨地域を中心に作付されています。
系統的には山田錦の孫にあたります。
検討会で病害虫に対する抵抗性も高いということも聞きました。

下村酒造店では昨年の平成22酒造年度は、全体の約85%を兵庫夢錦により製造しました。

麹を造っていて感じるのは、兵庫夢錦は他の品種と比べてしっかりとした強い麹ができる気がします。やっぱり地元安富町産だから水が合っているのでしょうか。

とにかく奥播磨の心臓「兵庫夢錦」、今年は出来が良好のようです。ご期待ください。

にじのわまつり

今朝はすごく冷えました、もうそろそろ薄い夏ブトン一枚では限界ですね。どうも、製造部妹尾です。

姫路市には書写山円教寺という有名な寺があります。
「西の比叡山」といわれるほどの名刹で、最近では映画「ラストサムライ」のロケ地になったことで話題になりましたね。

その書写山で明日、「にじのわまつり」というイベントがあるそうです。姫路周辺のカフェや雑貨屋なんかが集まって出店するらしいです。夜に行われるライブにはアン・サリーさんが来るので、行ってみようと思っております。

過ごしやすい季節になってきたので、出かけたくなりますね。


[ お知らせ ]
 奥播磨 純米XX 火入れ 21BY
~ ふた夏越えの瓶熟成 ~~

じっくりと、15℃冷蔵庫で熟成しました
満を持してのご紹介となります、
平成23年9月1日(木)発売っ!!

つるつる

ファイル 225-1.jpg

今日で9月も折り返しですがまだまだ暑いですね。どうも、製造部妹尾です。

下村酒造店の改装工事もいよいよ佳境に入りました。今日、通路にコンクリートが注入され、きれいに整地されました。

さすがは匠の技。まぶしいくらいにつるつるになりました。
今までは、通路中に何箇所か陥没したところがあったのですが、それもしっかり平らにしてもらいました。

すっかり便利になっちゃいましたね。ハラハラしながら荷物や瓶を運んでいたころが懐かしいです。

[ お知らせ ]
 奥播磨 純米XX 火入れ 21BY
~ ふた夏越えの瓶熟成 ~~

じっくりと、15℃冷蔵庫で熟成しました
満を持してのご紹介となります、
平成23年9月1日(木)発売っ!!

蔵入りまであと・・・

こんにちは。製造部妹尾です。
9月に入ってから一気に日が沈むのが早くなりましたね。この時期になると僕たち製造部は徐々に蔵モードに入ります。

今年も予定では例年どおり10月下旬ぐらいの蔵入りになると思います。去年は米の出来が不良で製造量を減らしたのですが、今年は今のところ大丈夫らしく、ここ数年で一番多い製造量を予定しています。

あと1月ちょっとぐらいですが、早く酒を造って搾りたくてうずうずしています。


[ お知らせ ]
 奥播磨 純米XX 火入れ 21BY
~ ふた夏越えの瓶熟成 ~~

じっくりと、15℃冷蔵庫で熟成しました
満を持してのご紹介となります、
平成23年9月1日(木)発売っ!!

山椒の木

ファイル 218-1.jpg

朝晩はだいぶ過ごし易くなりましたが、昼間はまだムシムシして暑いです。どうも、製造部妹尾です。

現在、下村酒造は敷地内を改装工事中です。そこで邪魔になる雑草や木なんかをかたずけています。長いことはえている山椒の木も切ることになりまして、強烈な香りとトゲと格闘しながらも、なんとか切れました。

切られた山椒の木は荒木さんの風呂の薪にしてもらおうかと思ったのですが、多鹿さんが「すりこぎ棒にすればいいよ。」と言っていました。たしかに目の細かい堅そうな木です。
今度、暇なとき作ってみようかな。

[ お知らせ ]
 奥播磨 純米XX 火入れ 21BY
~ ふた夏越えの瓶熟成 ~~

じっくりと、15℃冷蔵庫で熟成しました
満を持してのご紹介となります、
平成23年9月1日(木)発売っ!!

ついに

近頃は朝晩がだいぶ涼しくなってきて、夜に窓を開けたままで寝ると、朝寒くて震えながら起きています。どうも、製造部妹尾です。

現在、下村酒造店ではトイレのリニューアル工事中です。
ということで、長年にわたり下村酒造の歴史を見続けてきた前のトイレとはお別れです。長い間ご苦労様でした。トイレの神様ありがとう。

[ お知らせ ]
 奥播磨 純米XX 火入れ 21BY
~ ふた夏越えの瓶熟成 ~~

じっくりと、15℃冷蔵庫で熟成しました
満を持してのご紹介となります、
平成23年9月1日(木)発売っ!!

もうすぐ

ファイル 202-1.jpg

今日は久しぶりに晴れ間が出て暑いけど気持ちのいい天気でした。
どうも、製造部妹尾です。

蔵の裏手に栗の木が一本あるのですが、毎年恐ろしいばかりに大量の栗ができます。
今年も枝いっぱいに実をつけております。

奥播磨ではもうすぐ栗が拾い放題ですよ。
楽しみ楽しみ


[ お知らせ ]
 奥播磨 純米XX 火入れ 21BY
~ ふた夏越えの瓶熟成 ~~

じっくりと、15℃冷蔵庫で熟成しました
満を持してのご紹介となります、
平成23年9月1日(木)発売っ!!

とり放題

ファイル 198-1.jpg

今日の安富町は一日中雨で、ムシムシです。
どうも、製造部妹尾です。

ここ最近の雨と低温でベランダのきゅうりが実をつける前に瀕死の状態にあります。
しかし、6月に種を蒔いたバジルが現在とり放題です。

パスタやらスープやらに使いはするのですが、あんまりシャレた料理を知らないので、無限に葉っぱが出てきます。
今、新たな使い道を考え中です。

[ お知らせ ]
 奥播磨 純米XX 火入れ 21BY
~ ふた夏越えの瓶熟成 ~~

じっくりと、15℃冷蔵庫で熟成しました
満を持してのご紹介となります、
平成23年9月1日(木)発売っ!!

ページ移動