記事一覧

下村酒造店にて、トライやるウィーク 3 『手が焼けかけた第三日目』

ファイル 139-1.jpgファイル 139-2.jpgファイル 139-3.jpgファイル 139-4.jpgファイル 139-5.jpg

 お湯に手を入れて、「手が焼けた」と思ったのは初めてやった。  詰口作業と、火入れ作業【瓶燗】をしました。僕がしたのは火入れ作業です。お酒を瓶ごと、湯煎する作業です。けど、役割が二つあって、瓶をとる作業と、瓶を入れる作業です。最初にしたのは、瓶を入れる作業です。「瓶を入れるだけやん」とおもいました。けれど、お湯がめっちゃ熱くて、体が蒸発しそうでした。実際に、蒸し暑くて、お酒のむせかえるにおいと蒸気で、バテテしまいました。その後は、酸素が欲しくて草に這いつくばっていました。そしたら、仲嶋君が、瓶をお湯の中で倒していました。それからは、頭がクラクラしました。
 次にしたのは、瓶をとる作業です。65℃の瓶を取るのは至難の技でした。熱くて熱くて火傷しそうでした。一回に10個も取れずにリタイアしました。仲嶋君は何個もとれて イ~な~ と思いました。

     姫路市立安富中学校  2年B組  古井 慎也