記事一覧

いよいよ『五穀豊穣』安志加茂神社。して、いっとうめの米洗い、米研ぎ、始まるぜっての、22日。

わたくし、
今年、
一度も夏祭りに出掛けませんでした。

たまやー、
たじかやー、
とか、

来年こそは叫ばなければって、

不惑を迎えて
彼女募集を
会社のホームページで出来てしまう、下村酒造店の風通りの良さ。

裕昭、有り難うな!

やべ、叱られる。
お給与だって、
さっぴかれちゃうかもだぜ、メンゴメンゴ


明日、宵宮
あさって

安富町で、
お祭りございます、
秋祭り、
安志加茂神社。
来て下さいね!
必ずね!

日曜日なら、
私、多鹿が
店先に居るやも知れませぬ、お話しさせて下さい、
宜しく!

地元の誇り、

安志加茂神社の、
ぶっとい杉の大木をまざまざと確認してみて下さい、
年輪を数えるのに苦労するだろう大木です、

「おおきに、有り難う、こないにも大きく育ってくれて」とか、
思わずに、手を合わせてしまうのです。

安志の街中を

町を屋台巡る番には、天狗面被った『はなたか』に、
ピシャリシャリ叩かれてみて下さい、

たまに、
めちゃ痛い時があって、
「こら、腐れ外道がー!」
追いかけてしまったことが、私にも有りました、若気の至り。

ちゅうか
僕はね、
この季節のお祭りが大好きなんです。

『五穀豊穣』

ざっくり言うところの、
稲が実り、
新米の収穫を
愛でる、お祭り。

稲作技術も
年を追うごとに発達はしてるのでしょうけれど、
『神頼み』って言い様、ありますやん。

つまりは、
最後のところは分からないって。

明日、
下村酒造店の初洗いです。

酒造技術とか
経験とか言ったところの、
詰まりは、

正直どう転ぶか分かりません。

楽しみ混じり、
私、不安で落ち着きません。

あさって、
いい蒸しがあがれば、ひとまずは、
ほっと出来るのでしょうね、

いまの私、
胃の奥の方が
キリキリ重たく痛んでいます。