記事一覧

播州弁 坊主頭のおとんのブログ(●^o^●)  V0l.10

ファイル 299-1.jpg

  「櫂(かい)入れ作業」

お仕事ご苦労様です。
12月並の気温に下がり、もろみ経過も順調です。
先日から、本仕込み(添(そえ)仕込み・仲仕込み・留仕込みと、三回に分けて仕込みます。)
の櫂(かい)入れ作業をしています。
「櫂(かい)入れ部隊」の隊長です(^^♪
 ただ、部下はいません……(-_-;)

作業内容は、仕込みタンクに朝5:30から「麹(こうじ)」と「仕込み水」を入れておき
(水(みず)麹(こうじ)と呼びます)、麹(こうじ)からでる酵素を抽出しておきます。
8:00に、酒米が蒸し上がり、コンベアで蒸し米を放冷しながら、仕込みタンクに投入していきます。
その時に、仕込みタンク内の「蒸米」と「麹」と「仕込み水」が、均等になるように混ぜながら、品温も一定にしていく作業です。
道具は、写真のように、FRPの棒の先にプラスチックの四角い板状の物を取り付けたものです★
昔は、プラスチックの四角い板状のものが、木で出来ていて蕪(かぶら)と呼び、その一体を蕪櫂(かぶらがい)と呼んでいました。
櫂(かい)の入れ方は、両手でしっかりとFRP棒を握り、物流の中に力強く入れ底に沈んでいる
「蒸米」・「麹(こうじ)」を手前に引き上げる時に、浮きあがらせ、また投入される「蒸米」を均等になるように混ぜ込み、品温を一定にしていきます。

その作業を留仕込みの時で40分間程、繰り返して行います。
ここで、しっかりと櫂を入れて、目的のことを行っておかないと、後々のもろみの醗酵に
影響が出てきます。

おとんの櫂(かい)入れ歴…20年の技…そんなに大げさなものではないのですが…($・・)/~~~
櫂(かい)を回転させながら押し込み、手前に引く!なずけて、秘伝!!櫂(かい)返し~(^_^)
この方法だと、確実にうまく混ざります!(^^)!♪
 
まあ…頑張ってやっていきます(^_-)-☆