記事一覧

播州弁坊主頭のおとんのブログ(●^o^●)Vol.11

★元気にしています(^_^)★

久しぶりのブログで、すみません!
毎日、忙しい日々を送っています。
常々思っているのですが、日本酒は、工業生産ではなく、手造り商品です。
皆様も、そうお考えだと思います。
日本酒造りに携わる人々は、まずそのように考えているのだと思っていました。
 
ところが、15年程前のことだと思うのですが、地元の農協(今は、JA兵庫西になっています。)が酒米「兵庫夢錦」を栽培することが決まり、栽培農家さんに集まって頂いて、発足会がありました。
その時、神戸市の酒造会社(売り上げがベスト10位内の酒造会社です。)の製造部の役職の方(部長さんだったか、課長さんだったか覚えてはいません…)
が、挨拶の中でなんと堂々と「日本酒は、工業製品です。私たちは、高品質の酒米を求めるよりは、安定した品質の兵庫夢錦を届けてください。」と言われました。
馬鹿としかいいようがないです。

確かに、高品質の酒米になると価格が高くなります。
それよりは、価格がそこそこで、並の品質のが栽培されたら…との考えだと思います。

もの造りに携わる人は、常に高品質の原料を求めて…
これが真実だと考えます。
そんな考えをする人?(酒造会社と言う方が正しいのかも)がいるから
日本酒業界全体は、昭和48年をピークに毎年売り上げを落としてます。

でも、まじめに酒造りをしている地酒蔵は、元気なので嬉しいですねー!(^^)!

橋下大阪市長の、立ち上げられた「大阪維新の会」みたいに、「地酒蔵維新の会」でも、
立ち上げたいですねぇー。