記事一覧

蔵人の和

ファイル 63-1.jpgファイル 63-2.jpgファイル 63-3.jpgファイル 63-4.jpg

仕事が終わっても、すぐには帰らずに
蔵人どうしで集まるのです、下村酒造店。
会所部屋であったり、
初甑の昨日の夜のように利き酒コーナーであったり。

「 森喜さんとこのお酒利きませんか? 」
荒木くんの声掛け、
今回は、そんなスタイルです、「 妙の華 山廃純米 無濾過火入れ原酒 山田錦90%(通称、チャレキュー:チャレンジ90)」

すぐに、
奥播磨 純米 山田錦八割磨き 火入れを持ち出してきて
比べて見るべっ
ってことになりますわな
ほしたら、度数の違いとか、原酒かそうでないかに及びますわな、
寄り合いの話題が。
ほいで、利き酒能力とか、舌の再現、舌の想像力の話にもなりましょう、匂いへ敏感であれ!って話とか。
ほして、蔵の作業に応じた設備って話、
ほいでから、槽の能力って話、
お風呂入らなアカン、シャワーだけじゃ駄目ダメって話、
住吉さんって、その服装、1杯飲み屋のお客然としてますねって話、
今日、マジ寒いですとか、
晩ご飯なんだっけ、
汁ものって必要やんな、
明日も頑張ろう!って話したりして。

ドキドキやけど、ワクワクします、22BY。
目指すお酒は、
骨太の、しっかりと旨味のあるお酒。

製造部 多鹿