記事一覧

志るしの杉玉、「 奥播磨 芳醇超辛おりがらみ 」

ファイル 93-1.jpgファイル 93-2.jpg

旨かったからと、すぐまた買いに来てくれはる方もいらっしゃって、ほんとまっとうな酒造りをやってて良かった、
有り難うございます、有り難うございます、
感謝してもしきれませんが、
年を越えてからの酒造りも、
応援してくれはる方々に喜んで頂けますように、
真摯にまっとうな姿勢で励みます、
有り難うございます!

お陰さまで、
「 奥播磨 純米おりがらみ 22BY 」完売いたしました、
誠に有り難うございます!

旬の味わい、澱(おり)がらみの2本め、
「 奥播磨 芳醇超辛おりがらみ 22BY 」発売中です、
辛いだけじゃない、すっきりとした甘みも感じて頂ける「 奥播磨 芳醇超辛 生(澄明タイプ)」に、あえて澱を絡めることによって、優しい旨みを込めています、こちらも別嬪さんです、宜しくお願い致します。

※ 表看板の手書きに「 奥播磨 芳醇超辛おりがらみ 」を追加しました、気持ちを伝えたいが為の手書きです。でも、マッキーの赤色って、どないやねん、なんか趣きが違うよね、ごめんなさい、朱墨がなかったんです、明日か明後日かその次の日くらいには買ってきます、でもその頃には目にも慣れちゃって、これはこれで良い、そう思えてるような気もしてます、だいたい目にして貰えてるんだろうか、チェックしてくれてたらマジ嬉しいです、「 ありがとう多鹿純です 」

メリークリスマスイブです、下村酒造店

ファイル 91-1.jpgファイル 91-2.jpg

メリークリスマスのイブなので、
と言うわけで、
鶏の丸ごと蒸しを頂いております、
下村酒造店の会所部屋。
うまいっす。
酒販店さんからの頂きものです。
こういうので、
疲れがとれたりします、僕ら、期待されている、
ますます頑張らなければいけない!
そんな気分、高揚します。

しかし、
今日もほんと言えば、昼寝したかったんです。
食べてすぐに横になりたかったんです。
牛になりたかったです、できれば乳牛、
そしたら、搾乳おねがいします、やさしくしてね。

という訳で、
明日だけ1日休ませていただきます、モーモー多鹿です。

花木さん、ありがとう!

志るしの杉玉、奥播磨

ファイル 90-1.jpgファイル 90-2.jpgファイル 90-3.jpg

~~ 志るしの杉玉
 当神社は、古来より杉のお社ともいわれてきました。
ご神体山の三輪山は千古斧を入れず、
杉の樹で覆われ、ご神木となっております。
 三輪大神の神霊の憑依する象徴として、
この杉葉で造ったのが「 志るしの杉玉 」です。
 杉玉は、「 酒ばやし 」「 三輪ばやし 」とも呼ばれますが、
酒造りの安全、商売繁盛、子孫繁栄などを祈る「 奇(く)す玉 」として、神棚や軒先に吊るし、鄭重にお祀りしてご加護をお受け下さい。
      三輪明神 大神神社 ~~

奥播磨のしぼりたてのお酒、
只今、無事にあがっております。

志るしの杉玉も吊るし替えました、鮮やかな緑の杉玉です。

昨年の杉玉が色を変えるように( 右写真 )、お酒も熟成の歳月によって貫禄の味わいへと変化していくのですが、

旬ならではの味わい、22BYの奥播磨の仕上がりを是非ご確認下さいませ。( しぼりたてのお酒ですが、米の甘みだけじゃない、しっかり渋くて、骨格のしっかりした食中酒です。)

※ 有り難く、お問い合わせもたくさん頂けまして、
お蔭さまで、「 奥播磨 純米おりがらみ 22BY 」、完売致しました。誠に有り難うございます。

製造部 多鹿

忙しい時ほど俯瞰症なわたくし、多鹿です。

現場での見えている景色と、仕事の期限・優先順位からして、
頭のなかで作業予定を立てて、ぱっぱ遂行します。

忙しくてバタバタしてますなんて、意味がわかりません。
そういう物言い自体はありましょうけど。

「 今日に出来ることは、明日には持ち越すな! 」って、
中学校の英語の教科書で習いましたよね、
でも明日出来るなら、あしたにやっとけば良い話しで、
要は、計画の立て方、準備の仕方でしょっていう、

つまりは、
もう腹が減ったし、いざ会所部屋へ、レッツラゴーなんです。、
喜天華さんの用意して下さった晩ご飯、食べてきます。

心に汗して、励んでおります酒造り

ファイル 86-1.jpgファイル 86-2.jpg

昨日は、行楽には不向きな冷たい風が吹きまして、

で、今日は、どこか出掛けちゃうかよ、ぽかぽか陽気で、

吉田敏三さんから頂いた温度計はきっと確かで、

昨日のお昼も今日のお昼も
安志の外気温は変わらず10.5度で。うーむ。

僕の服装も変わらず半袖のポロシャツ、
毎日まいにち酒造り、
心に汗して励んでおります、たじかです。

また蔵へ行ってきます、にごり酒の詰口に。

※「 奥播磨 純米 活性すくい汲み にごり酒 」は、一升瓶も四合瓶も、12月15日(水)発売です。宜しく!

今日は昼から詰め口やねん

ファイル 85-1.jpgファイル 85-2.jpg

お昼ごはんをおいしく頂いてきましたが、物量がとても多くて、このまま昼寝できれば牛になれそうです、モーモー多鹿です。

なかなか有り難くうれしい悲鳴の毎日でごわす。

22BY仕込み第2号の「 奥播磨 純米おりがらみ 」、今日の午後から詰めますからね、もうちくっとお待ち遊ばせ。
あ、龍馬伝、終わっちゃいましたね、最終回だけ見逃し申し候。ガビーンです。

いざ、蔵へ、行ってくるんでありんす。

simonarie is it!

ファイル 84-1.jpg

2010年の安志シモナリエは、
12月31日(金)まで、現在開催中です、多鹿です。

点灯時刻は、17:00から18:00まで、ようお越し!


★「 下村酒造店 」
兵庫県姫路市安富町安志957
tel、0790-66-2004
営業時間 10:00~18:00
定休日  なし

むべなるかな、むべなるかな

ファイル 83-1.jpgファイル 83-2.jpgファイル 83-3.jpgファイル 83-4.jpgファイル 83-5.jpg

「 むべなるかな( なるほど、いかさま、もっともなことであるなあ )」、最近はあまり使われない言葉ですね。僕は使ったことがありません。置いといて。


「 むべ 」、頂きました。
垣内さんから、通称ガッキーから、
例の「 ごじゅういちーっ(51℃)」のおやじさんです。

うまいです!

とろりとした果肉は、素朴な甘みがあって、
干し柿の種周りのちゅるるんとした、あの部分を思わせて、でもあれほどにも派手な味わいではなくて。
種は、あけびよりも大きいので、
くちゃくちゃ食べてる時に、お話しができない程でもないですが、お話しをしない方が種をうまく取り除けるので、
お話ししない方がオススメです、伝わりますか?

見た目は、あけびにも似てますが、実が熟しても割れることはないそうです。また、写真の葉、幼木の時には3枚、その後5枚。実がなる頃には7枚になるので、
「 七五三の縁起木 」とも言われるそうです。
自然状態では、猿が好んで食べるとかいう「 むべ 」を、食後のデザート、くちゃくちゃ頂きながらの、蔵便りの更新でした、タジカです。

そうそう、今日の午前中に、
2本めの醪(もろみ)を槽(ふね)にかけました。
1本めを搾り終えて、お酒の搾り粕もあがってます、純米酒粕。
でも、米洗い、麹造り、仕込み、酛(もと)や醪の管理、分析だとか、出荷作業、地元への配達、事務仕事、冷蔵庫内の貯蔵瓶の整理や掃除、各自の洗濯や、打ち合わせ等、
いろんな作業があって、すぐに発売できるわけでもなくて、
お酒は、検定受けて、タンク移動して、瓶を洗って詰口して、ラベルを貼って、ラベルの保護にナイロン袋にいれて、「 奥播磨 純米おりがらみ 」は、12月10日の発売予定。
搾り粕は、切り分けて計量して、ごみ検査して、さらに切り分けて形を整えて、袋詰めして、「 奥播磨 純米酒粕 」が、12月15日の発売。

置いといたやつ、「 むべなるかな 」って、つぶやいて、
発売日まで、もう少しだけ
お待ちくださいませ。

誰やっ!

ファイル 79-1.jpg

誰やっ!

奥播磨たぬきの乳首を、
こんな赤く塗りつぶしたのは!

きっと、下村元基ちゃんだろうな。

でもしかし、これはこれでオッケー

17:00になったので会所部屋へ集合、
おいしい晩ご飯、食べてきます。

製造部-多鹿哲哉

やっぱり純米酒 お酒も味やねん 下村酒造店

ファイル 78-1.jpg

「 味がある 」とかって言い方がありますよね、
人間味だとか。

奇をてらわないところの、
自然、にじみでてきて伝わる温度感。

お酒もおんなじですやん!

22BYまっさいちゅう、
ぐっと、旨みの濃い酒、目指してます。


たじかてつや