記事一覧

デスクトップも奥播磨

ファイル 77-1.jpg

ひとのデスクトップに
勝手に、こんなの貼り付けてみました。

士気の高揚!
気分転換!
明るい職場!
ただ、なんとなく!

なんせ頑張る。
だって、そこにお酒さまがいらっしゃるから。

想いをひとつにして、情熱の限りで醸しています。

t.tajika

yappa,kasu-jiru

ファイル 76-1.jpg

下村酒造店の蔵の南、栗の木も葉っぱを撒き散らして
今日は、ひさしぶりの強い風です。

一昨日だったか、22Brewery Year初の粕汁、おいしく頂きました。
しかし、まだ酒が上がってないのに粕汁て、どこの酒粕やねん?
うちのでした。忘れてました。
「 奥播磨 純米酒粕 」の冷凍ものです。
しかし、うまかった。
喜天華さん、ありがとう!
それと、
喜天華さん、ごめんなさい、粕汁、撮るの忘れた。


『 喜天華 』
http://www.kitenka.net/

seizou-bu tajika

1本目、留めました

ファイル 69-1.jpgファイル 69-2.jpgファイル 69-3.jpgファイル 69-4.jpgファイル 69-5.jpg

本日の外気温摂氏5度、11月11日木曜日、
お蔭さまで、22BYの1本めを無事に仕込み終えました。
あと20日と少しで醪を搾って瓶に詰めて
12月の10日過ぎには、新酒をお届けできる予定です。

下段の写真、
今日は、もとの仕込もあったのですが
左下、垣内さんが「ごじゅういちどー(51℃)!」いやいや、そんなはずないです、荒木君がにやにやして
で、垣内さんが再度、温度計を覗いて「ごじゅうごー(55)!」右下の写真。
どちらも、瞬間の垣内さんの口元へうまくシャッターがあいました。

製造部 多鹿

今日の 「 奥播磨 洗わせて下さい方式 」

ファイル 65-1.jpgファイル 65-2.jpg

今日の「 奥播磨 洗わせて下さい方式 」、
何だか、やっぱ
心構えが違うんだろうな、
僕に洗わせて下さい、という熱い気持ちが。

しかし、皿洗いという大事な仕事を、
2日も続けて荒木くんに取られてしまったので、
明日の、最初はグーに、荒木くんは入れてあげないことに決めました。


下村酒造店 製造部 多鹿哲哉

「 奥播磨 洗わせて下さい方式 」

ファイル 64-1.jpgファイル 64-2.jpg

蔵の近くにお住まいの方2人が、かわりべんたんに、賄い料理を作ってくださってます。お昼ご飯がおいしいです、マジで。

その食べた後片付け、皿洗い。
大事な仕事やで、
僕に洗わせて下さい僕に洗わせて下さい、
それで、最初はグーで勝った人が洗わせてもらえるという、名付けて、「 奥播磨 洗わせて下さい方式 」

見てください、上の写真を。荒木くんの満足気なお姿を。


下村酒造店 製造部 多鹿

蔵人の和

ファイル 63-1.jpgファイル 63-2.jpgファイル 63-3.jpgファイル 63-4.jpg

仕事が終わっても、すぐには帰らずに
蔵人どうしで集まるのです、下村酒造店。
会所部屋であったり、
初甑の昨日の夜のように利き酒コーナーであったり。

「 森喜さんとこのお酒利きませんか? 」
荒木くんの声掛け、
今回は、そんなスタイルです、「 妙の華 山廃純米 無濾過火入れ原酒 山田錦90%(通称、チャレキュー:チャレンジ90)」

すぐに、
奥播磨 純米 山田錦八割磨き 火入れを持ち出してきて
比べて見るべっ
ってことになりますわな
ほしたら、度数の違いとか、原酒かそうでないかに及びますわな、
寄り合いの話題が。
ほいで、利き酒能力とか、舌の再現、舌の想像力の話にもなりましょう、匂いへ敏感であれ!って話とか。
ほして、蔵の作業に応じた設備って話、
ほいでから、槽の能力って話、
お風呂入らなアカン、シャワーだけじゃ駄目ダメって話、
住吉さんって、その服装、1杯飲み屋のお客然としてますねって話、
今日、マジ寒いですとか、
晩ご飯なんだっけ、
汁ものって必要やんな、
明日も頑張ろう!って話したりして。

ドキドキやけど、ワクワクします、22BY。
目指すお酒は、
骨太の、しっかりと旨味のあるお酒。

製造部 多鹿

日本酒ゴーアラウンド ( 略してNGA2010 ) 『 尊尊我無×奥播磨 』

いよいよ明日、10/1 日本酒の日
大阪市内をキタから、ミナミ
旨い日本酒をはしご酒!
( 日本酒卍固め http://www.manjigatame3.or.tv


『 尊尊我無×奥播磨 』お酒の紹介

☆「 奥播磨 芳醇超辛スタンダード 」
      甘みを残したままで、すっきり辛口に仕上げています。やわらかな麹様の旨味もお楽しみ下さい。

★「 奥播磨 山廃純米 夢錦 火入れ 16BY 」
      山廃酛でじっくりと醸した、力強い酒質のお酒です。冷やから燗まで、温度による味わいの違いも感じてみて下さい。

☆「 奥播磨 袋しぼり 仕込第二十九號 20BY 」
      仕込みの第二十九番目のお酒がとても良く出来ていたことから名付けています。生熟成による、まったり感。濃くてやわらかな味わいのなかにも、しっかりした苦味、渋みも感じていただければと思います。

★「 奥播磨 純米おりがらみ 生 21BY 」
      通常のお酒は、澱引きの工程を経て、澄明な状態にしますが、このお酒は、あえて澱を絡めることによって、すっきりとした味わいの中にも、独特の風味を楽しんで頂けます。搾りたて時は、フレッシュ感、炭酸ガスの爽やかさ、夏越えのものは、澱由来の焦げ様の苦み、渋みが焼鳥などにも相性良く頂けます。

☆「 奥播磨 生酛純米 誠保(じょうほ) ひやおろし 火入れ 21BY 」
      香ばしい旨みがたっぷりです。じっくり味わえて、しかも料理の素材の良さも損なわないという、下村酒造店の生酛造りの特徴が存分に感じられると思います。是非、豊かな旬の味覚と合わせてみて下さい。

★「 奥播磨 ヒ・ミ・ツ 」

当日には、下村酒造店 製造部の荒木くんが居てるので、お尋ねください♪ 

以上、
大阪市福島区の「 尊尊我無 」さんが、用意してくださる「 奥播磨 」のお酒、6品の簡単な紹介です。
参加される方、「 奥播磨 」だけでも6品、こんな機会に「 奥播磨 」だけなんて勿体ない、市中をゴーアラウンドだー!
「 酒1升に水1升!! 」楽しく杯をかさねて下さい。

※「 尊尊我無(とうとうがなし)」
大阪市福島区福島6-3-15
tel、06-6455-6555

※ 周辺にお住まいの方々の迷惑にならないようにして、存分に楽しみましょう。
「 来た時よりも美しく!」の気持ちで♪


下村酒造店 製造部 多鹿

9/26「 農大酒蔵っ子の日本酒で利き酒をしようの会 」、 朝日屋酒店

日本酒って何だ??
もっと日本酒を嗜みたい!!、
そんな貴方にお勧めします。
「 現役農大生の酒蔵っ子の日本酒 」を用いた利き酒会です。

下村酒造店からは、
「 奥播磨 生酛純米 誠保(じょうほ)秋のひやおろし 火入れ 21BY 」を出品予定です。
 

<実施要綱>

◎ 開催日 平成22年9月26日(日)

◎ 会場 咲くら領
     東京都世田谷区経堂5-29-17
    最寄り駅 小田急線 経堂駅

◎ 時間帯 14:00~17:00

◎ 当日の内容 
 ① 東京農業大学OB、OG酒蔵の方による日本酒トーク!!
  ・大澤酒造(長野県)大澤実さん
             (若手ホープ杜氏☆)
  ・鶴の江酒造(福島県)林ゆりさん
             (ドキッ!!美人杜氏♪)
 ② 各酒蔵の日本酒の利き酒!!
 ③ 日本酒と料理との相性を楽しむ!!

◎ 定員 100名
     (未成年の方は、参加できません)

◎ 参加費 2,500円


◎ 参加酒蔵一覧
 ・岩波酒造  (長野県)  小岩井 昌門さん -醸造科学科
 ・浦里酒造  (茨城県)  浦里 知可良さん -醸造科学科
 ・大利根酒造 (群馬県)  阿部 新子さん  -醸造科学科
 ・喜多の華酒造(福島県)  星 里英さん   -醸造学科
 ・元坂酒造  (三重県)  元坂 彰太さん  -醸造科学科
 ・下村酒造店 (兵庫県) 下村 元基    -研究生
       元基ちゃーん、張りきってー
 ・宝山酒造  (新潟県)  渡辺 桂太さん  -醸造科学科
 ・田嶋酒造  (福井県)  田嶋 雄二郎さん -醸造科学科
 ・通潤酒造  (熊本県)  山下 愛子さん  -醸造科学科
 ・中島屋酒造場(山口県)  中村 信博さん  -醸造科学科
 ・吉村秀雄商店(和歌山県) 吉村 政芳さん  -醸造科学科
 ・中野酒造  (大分県)  中野 法彦さん  -醸造科学科


【参加申込、連絡先】
  (有)朝日屋酒店
       東京都世田谷区赤堤1-14-13
       tel、03-3324-1155
       http://www.11.ocn.ne.jp/~asahi-ya/
定休日 水曜日
       営業時間 10:00~20:00


( 編集:下村酒造店 製造部 多鹿 )

9月19日(日) 「 第10回 蔵元と美味い酒を楽しむ会 」、米芳商店

9月19日(日)「 第10回 蔵元と美味い酒を楽しむ会 」

全20蔵から、100種類以上のお酒(日本酒、和リキュール)が集まります。
7種類のお酒を唎き当てるコーナーへは、全員が参加出来ますし、
会席料理を食べながらの懇親会は着席スタイルで、その後はコマンダーホテル内の大浴場も利用できるなど、
一日ゆっくり楽しめる会となっております。


下村酒造店からは、製造部(蔵人)の荒木力が参加します。
何でも、お尋ねください。
製造現場の生の声でお答えいたします。
下村酒造店のお酒は、6品楽しめます。
・「 奥播磨 芳醇超辛 生 19BY 」
・「 奥播磨 山廃純米スタンダード 」
・「 奥播磨 袋しぼり 仕込み第三十五號 18BY 」
・「 奥播磨 大吟醸 10BY 」
・「 白影泉 山廃 山田錦五割五分磨き 」
・「 白影泉 山廃 雄町六割五分磨き 」
※《 BY 》とは、Brewery Yearの略で、酒造年度のこと。当該年の7月1日から、翌年の6月30日までの間に造られたことを表わします。たとえば、18BYの場合、平成18年7月1日から平成19年6月30日までの間に造られたことを意味しています。簡単には、平成18年の冬に醸造したお酒だと覚えておけば、年度の混同がないと思います。

<実施要綱>

◎開催日 平成22年9月19日(日)

◎会場 コマンダーホテル内「 おるろーじゅ 」
     大阪府寝屋川市木田町17-4
      tel,072-823-7000
  京阪電車 寝屋川市駅 下車、線路沿いに 大阪方面へ徒歩6分

◎当日のタイムスケジュール
  ・13:00~ 受付開始
  ・14:00~ 唎き酒会、開始
  ・16:00  唎き酒会、終了
   ※唎き当て会 14:00~15:45
    唎き当て発表 16:00~16:15
  ・17:00~ 懇親会、開始
  ・19:00  懇親会、終了  
唎き酒会と並行して、唎き当て会が行なわれます。7種類のお酒を唎き当てるコーナーでの成績上位の方には、賞品の用意があります。


◎会費、定員等

:唎き酒会( 100種類以上の美酒集合 ) 
  ・会費  1,000円
  ・当日参加OKです。
  ・会費は、当日に受付へ。
  ・唎き当て会への参加資格あり。

:懇親会( 蔵元と、膝をつき合わせての酒談義 ) 
  ・会費  8,000円( 唎き酒会費用込み )
  ・定員 70名 
  ・完全予約制です。
  ・会費は、事前に納入。
  ・唎き当て会への参加資格あり。
  ・着席スタイルです。
  ・会席料理。
  ・コマンダーホテルの大浴場入浴券付きです。
  ・当日キャンセルの場合は、キャンセル料5,000円です。

◎参加蔵元名(敬称略)
・久保田(朝日酒造)   ・八海山(八海醸造)
・開運(土井酒造場)   ・志太泉(志太泉)
・遊穂(御祖酒造)    ・奥能登の白菊(白藤酒造)
・小左衛門(中島醸造)  ・玉川(木下酒造)
・梅の宿(梅の宿酒造)  ・百楽門(葛城酒造)
・利休梅(大門酒造)  ・奥播磨(下村酒造店)
・黒牛(名手酒造店)   ・車坂(吉村秀雄商店)
・瑞冠(山岡酒造)    ・獺祭(旭酒造)
・梅錦(梅錦山川)    ・独楽蔵(杜の蔵)
・日本名門酒会(岡永)  ・和リキュール色々(中野BC)

◎お車でのご来場は、固くお断りいたします。

☆お申し込み、お問い合わせは、
  (有)米芳商店まで、
     大阪府寝屋川市東大利町12-28
      tel,072-826-0015

( 編集:下村酒造店 製造部 多鹿 )

寝屋川市の 「 太田屋酒店 」 訪問記

ファイル 42-1.jpgファイル 42-2.jpgファイル 42-3.jpg

休暇を利用して、寝屋川市の太田屋酒店を訪ねて来ました。店舗への興味本位で、アポイントもとらずに太田夫妻を驚かせて参りました。
左写真のように、店内 冷蔵陳列棚の左上が、下村酒造店の 「 奥播磨 」「 白影泉 」 の棚になっていて、たくさんの種類を扱って頂いております。
ビールにも、力を入れられているご様子で、僕の好きな青色ラベルのシメイと、あと、ランビック系のビールを数本、購入しました。

お昼には、太田さんと近くの 「 創菜ダイニング おん 茄子作店 」 へ。( 米茄子も美味しかったし、店名は、茄子へのなみなみ為らぬ想いの現れかと思いきや、聞けば地名だそうです。 ) 「 豆腐と湯葉のセット 1,480円 」 、おいしかったです。
あと、馬場店長さんに頂いた「 トマトのピクルス漬け 」 、うまかったです。
軽く二日酔いなんだと言いながら、とんかつ定食を平らげた太田知宏さん、中々パワフルな方です(しかも、白ご飯おかわり)。


中写真 )  「 太田屋 」 の木看板が高いところにあって、それを収めることを一番に考えて写真を撮ったので、安志に帰ってから気付いたのですが、太田夫妻が寄り添っておられて、とても仲睦まじい構図となりました。


右写真 )  購入した「 シメイ 」は、2009年産の熟成もの(欲を言えば、もう1年熟成したものがあれば嬉しかったですが、シメイがあっただけで良し)、ベルギーのトラピストビールです。
この 「 トラピスト 」 については、太田さんにお尋ねください。とても面白いお話が聞けると思います。
右2本は、ランビック系のビールです。中央が 「 リンデマン・カシス 」 、裏張りには賞味期限2012年4月16日の表示がなされてて、右側 「 ブーン・グース 2006-2007 」 に至っては、驚きの賞味期限2029年1月28日、表示の誤りではなくて、こういうビールなんです。
この 「 ランビック 」 についても、ぜひ、太田さんへ、お問い合わせを。これまた、興味深いお話が聞けます。あと、右側 ブーン・グース については、分かる人にだけ分かってもらえれば。ひょうたん型のコルク栓を、力任せに右手で再打栓です。

「 太田屋酒店 」
大阪府寝屋川市松屋町5-4
tel:072-832-0136
京阪電車 香里園駅北口、東側階段を降りて、バスのロータリーを道なりに進んで北へ直進、300メートルくらい。
開栓済みの日本酒が何点か、ありました。お訪ねの方、ぜひ、試飲させてもらってください。


「 創菜ダイニング おん 茄子作店 」
大阪府枚方市茄子作東町40
tel:072-853-8110
営業時間  17:00~25:00
     ランチは、月~金 11:00~14:30
定休日   無休
郊外にあるお店で、もちろん「 奥播磨 」を飲めるお店なんですが、お子様メニューもあって、家族連れでも入りやすい雰囲気のお店です。


下村酒造店
製造部 多鹿哲哉