記事一覧

「 奥播磨 純米吟醸 夏の芳醇超辛 」 ご愛顧いただきまして、お蔭さまで発売10周年、ありがとうございます!!

ファイル 491-1.jpgファイル 491-2.jpgファイル 491-3.jpgファイル 491-4.jpgファイル 491-5.jpg

「 奥播磨 純米吟醸 夏の芳醇超辛 」 
ご愛顧いただきまして、お蔭さまで発売10周年、

ありがとうございます!!


5月23日の発売開始に向けて、
本日も朝早くから、詰め口作業を行いました。


昨昨年 22BY酒、発売1日で完売
ありがとうございます!! 
うれしい悲鳴
翌年度の増産が決定

昨年 23BY酒、発売2日で完売
ありがとうございます!!
うれしい悲鳴
翌年度の増産を決定

今年 24BY酒、・・・・・・。

5月23日の発売開始に向けて、
今も張り切って、詰め口作業を行っています。

製造部 多鹿哲哉

墓参

ファイル 485-1.jpgファイル 485-2.jpg

後厄です

訪ねたところ
訪ねたところに、
当然に神社あります
今更に参拝しきりです

ご縁ございますよう願いこめて、五円玉チャリーンです
そうやっている心根を映すように、いつか
私の背筋が
何に対しても、恥ずかしげとか照れとかなく
スクッと
立っているような気がしてます
謙虚であること、私の努力、神様との50対50の関係

でも、
人生の岐路に立って
ちょっと甘えたくて
その時に
頼れる背もたれとか
見守ってくれる存在って
きっと
ご先祖様なんだと思います
子供の日を前に
墓参りしました
いま、私たちが健やかに暮らせている報告も兼ねて


妹が息子2人連れてきて
4人で汗して
墓地の草引き

5歳の甥っ子
ズボン裾、ビシャビシャに濡らして
初めての墓石洗い

製造部 多鹿哲哉

光泉寺

ファイル 483-1.jpg

ちらっと目に映って
立ち止まって
人目も気にせず大笑い


欲しいものは
たくさんあるけれど
必要なものは
そう多くない

功徳山光泉寺


そうなんよね
そうなんよね
誰でも知ってる
でも、分かってる振りして素通りしてしまう「当たり前」

改めて気付かされて、得した気分

当たり前の事を当たり前に過ごす様は美しい

私、数えにして43
四十にして惑わず
孔子の戒めが強く響きます

製造部 多鹿哲哉

藤まつり(2)

ファイル 481-1.jpgファイル 481-2.jpg

太歳神社の藤棚の
枝垂れる美しさを堪能して
すぐ近くの
鉄屋酒店へ立ち寄る

ここでも藤棚

お酒には花が似合います

製造部 多鹿哲哉

藤まつり

ファイル 482-1.jpgファイル 482-2.jpgファイル 482-3.jpgファイル 482-4.jpgファイル 482-5.jpg

千年藤で知られる山崎町の大歳神社へ訪ねてきた

あちらこちら、
カメラを手にする方いらして
撮影する人を撮影してしまっていたりする
しかし、
ここでは、人混みも心地好い
美しいものを愛でようとする人たちの気持ちごと
私の一瞬に切り取る

背丈180cmの私
枝垂れる藤をのれんくぐりするようにして、甘い香りに包まれた
淀んだ心に清々しいシャワーを浴びせ掛けられてきた

製造部 多鹿哲哉

奥播磨TVに登場!?

こんにちは。
製造部住吉です。
明日放送のTV東京TV大阪系列「カンブリア宮殿」に奥播磨ファンドでお世話になっている「ミュージック・セキュリティーズ」の小松社長がフューチャーされます。
その撮影が3月中頃にやってきました。
早朝から半日撮影されてましたので、少しは蔵人も映ると思います
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/next/
皆さまお時間ありましたら、明日の夜10時はTVの前へ!
よろしくお願いしまーす!

山廃山田錦八割磨き 完売御礼。

こんにちは。製造部 アラキです。
蔵では瓶燗やら詰め口作業。造りの後片付けなど、三者三様の仕事の毎日です。

今月下旬には通年好評頂いている

“夏の芳醇超辛 青ラベル”

が発売となります。お楽しみに。


発売になれば完売になる商品も。
今年度から山廃造りとなって登場した

“山廃純米山田錦八割磨き 生”

が完売となりました。
有難うございます。

多方面から好評いただき完売となりました。
次は熟成を待って

“山廃純米山田錦八割磨き 火入れ”

の発売となります。

8月かな~、9月かな~。決まればいち早くご紹介しますね。

宮の井のれん

ファイル 468-1.jpg

奥播磨ののれんをくぐって
下村酒造店の小売店内へ入ると、
正面奥に、宮の井のれんがございます

  宮の井と名にしおふ
  うまざけの
  酌むともつきじ
  千代にたたへて

先々代の下村九郎兵衛さん時代に詠まれたもの、戦前の時分です 

この宮の井のれんに仕切られた向こう側が、
奥播磨の製造蔵となっております。

製造部 多鹿哲哉

GW

ファイル 464-1.jpg

こんにちは。
お久しぶりです。製造部住吉です。
やっと半年続いた仕込みも総ての醪を搾り終わりました。
思えば去年の10月から数日の休みのみで正月も無しに突っ走って
まいりました。
しかしそれは酒屋もんの宿命。
蔵人4人誰ひとり弱音をはかないところが、男です。
じっさい緊張感のある生活が、今になると少し恋しいぐらいです。

そうして醸した大事なお酒を、今日は店番としてわざわざ来店してくれるお客さんに説明して、またきき酒してもらって買ってもらってます。GWが始まったということで、朝からたくさんの方がいらっしゃいます。

すごくいい天気です。私住吉が店番しております奥播磨に皆さんも足をのばしてお越しくださいませ。
お待ちしております。

はじめまして。蔵元の長男の下村元基です。
タイトル通り蔵便り「初」投稿です。
この蔵便りを見ている方の中には下村元基をよく知っている方もいれば、どんな奴かなと思われてる方もいらっしゃると思いますので今回は軽く自己紹介します。

名前:下村元基 元気が基本のモトキです。
生年月日:昭和63年10月17日
     AKBの大島優子さんと同じ。←これ重要
趣味:ドライブ マスタングV8コンバーチブルが欲しいです。
好きなスポーツ:野球 ボクシング
野球:阪神ファン
サッカー:わからない。W杯だとテレビを見る
ボクシング:内藤大助さん(テレビに出て有名になるまでの強豪との数々の試合は印象的)
好きな芸能人:ころころ変わりますが、桐谷美玲さん。
好きな漫画:キャプテン、プレイボール、あしたのジョー、よくヤングマガジンを見ます。
好きな映画:キッズ・リターン 色々あったシンジとマーちゃんの最後のセリフが最高です。物語の終わりだけど「まだ始まっちゃいねえよ」なんだか深いですね。
ちなみに自分の中学時代の夏休みの宿題は8月31日になっても「まだ始まっちゃいねえよ」でした。笑
以上が自己紹介です。あまり参考にならなかった人がほとんどでしょう(^_^;)
次回は蔵の事や地元の事などを投稿しようと思いますので見てやって下さい。