記事一覧

20周年記念酒「奥播磨 純米 袋吊り 雫酒」

ファイル 459-1.jpgファイル 459-2.jpgファイル 459-3.jpgファイル 459-4.jpgファイル 459-5.jpg

昨夜から強く吹き付けて止むことのない冷たい雨の中
15時過ぎに配達へ出掛ける、
峠を越えて隣町の宍粟市山崎町へ

橋からの光景、
揖保川の濁流ぶりには運転中にも腰がひけた
誤って流されてしまえば、万一にも助からないだろう、流されてる自分を想像してしまった
恐ろしかった
自然は美しいだけのものではないです

何が起きてもおかしくない、何かあっても仕方ない、なるようになって今の自分、花鳥風月
日本人である私を改めて感じます


はた酒店に到着

忘れてません、2年前
トライやるウィークに下村酒造店を選んでくれた中学2年生の仲嶋泰我くんを配達に連れだした時の
彼に伝えた秦賢作さんの言葉、

「ええか、配達っちゅうのはな、お酒運んで、それだけでええんやないで。元気な大きい声で訪ねて行くねん、配達を待つ方はな、それを待ってるんや。配達一つとっても、人と人で繋がってるんやで」

ありがたかった
私たちが地域で守っていく、これからの彼に貴重な言葉を投げて頂けたことが嬉しかった
地域の子供は地域で守るもの、当たり前のことです
ながら、
当たり前のことを当たり前にしてる姿は稀少で
美しい

いつものように、店内を確認する私、その目の先を認めて
微笑み持って秦賢作さん話し掛けてくれます
先程までの雨が止んだような気もして
私、落ち着きます
だって、人と人ですものね

「あと、5本になったわ、もう少しやな」

ありがたく、たくさん受注頂いて、
冷蔵管理されている生酒『奥播磨 純米 袋吊り 雫酒』の在庫数です

嬉しくてね
だって、売れるに任せるんやなくて
売るんやって気概、伝わってきますやんか

私、酒を造るプロなら
はた酒店さんは
酒を売るプロ

当たり前なのですが
当たり前のところに
人は感動するものです

私も漸くながら
数えるだけですけど
43歳
それなりの経験でもって
だから、
涙もろいって言うのかな、じわーって響くのです

貴重な冷蔵スペースを割いて、袋吊り作業を写真で紹介してくれてはります

雫酒あと5本、
訪ねてみませんか、はた酒店へ
配送手配もして下さるでしょうが
可能ならば是非、訪ねてみましょうよ、はた酒店
もう、下村酒造店の蔵にもないお酒なので
1本予約電話入れといて
時間が許すのなら訪ねましょ、対面販売の面白み、
生の声、
詰まりは、人と人ですやん
その後の配達先、
鉄屋酒店にも残り僅か
しかも稀少な『奥播磨 純米袋吊り 責め』も3本だけ在庫ありました

蔵人だって
遠慮して買わない酒、
私たちの思いの詰まった「奥播磨20周年記念酒」
興味本位で構いません
沸いた興味なら
飲んでほしい

飲んでほしいんや

( ホンマは私たちだけで飲んでしまいたい
自分らの飲みたい酒、造っています )

川崎重工ランニングクラブ

ファイル 457-1.jpg

キラキラした眼の7人衆
仲良しで始めた
川崎重工業明石工場ランニングクラブの面々

獰猛な、鋭気発する、自信に満ちた眼差しのその訳は
それもそのはず、
昨日に
山崎町で開催された、宍粟名物「さつきマラソン」に参加、
見事にそれぞれ完走なさったとの事、

達成感の心地良さは、自分を成長させてくれますものね
あやかりたい

常楽寺

ファイル 458-1.jpgファイル 458-2.jpgファイル 458-3.jpgファイル 458-4.jpg

今朝もアマゴ釣行

納竿して家路のちょっと寄り道
宍粟市一宮町の常楽寺
満開の八重桜は言うにも及ばず、
その先のソメイヨシノ、
散り残った花びらも美しい葉桜が見事でした

奥播磨 利き酒会

こんにちは。製造部 アラキです。
暖かくなってきました。蔵の方では瓶燗作業やらが本格的になってきました。
そんな中14日に、酒販店さんを蔵に招いてのきき酒会がありました。

ご参加いただいた奥播磨取扱いの酒販店の皆様、ご遠方有り難うございました。

新酒、熟成酒を含め30点弱の出品酒の中から酒販店さんの好みにまた、お客さまにあった奥播磨を発見していただいたのではないでしょうか。

今年1年、今回のきき酒をご参考によろしくお願い致します。
今後とも太く長いパイプで持ってお付き合いお願い致します。


消費者の皆様につきましては、最寄りの奥播磨取扱店での奥播磨を是非お楽しみください。

きっと新しい発見があるのではないでしょうか。

きき酒の後には地元の料理旅館『菊水』さんへ場所を移し、懇親会へと。

この辺りになると蔵人たちも緊張から解き放たれ、皆、一酒好きのおっさんとなっておりました。

写真を撮っておるのですが如何せん、ブレがひどく・・・・。
また、次回ということで。

なんやかんやで、閉会後2次会、3次会へとそれぞれ移っていかれたようで、私アラキも蔵に帰ってきたのは夜中1時を回っておりました・・・。

二日酔いも抜け今は元気に働いておりまーす。

来週、23日には今回評判の良かった

“純米大吟醸 伝授 生”

が発売になります。

お楽しみに。

さびしい成長・・・

こんにちは。製造部 アラキです。

桜も散り始め、少しばかり寂しい季節ですね。

そんな中、昨日もっと衝撃的な出来事がありました。
毎日、小学校までみな集団登校するんですが、仕事へ行く時間と重なることもあり、途中まで一緒に行くんですが、ついにこの日が・・・。

“恥ずかしいから一緒じゃなくていいんやけど・・・。”

予想もしなかった一言に“えっ!?”

何だか寂しさに1日仕事が手に付かなかったっす。
ようやく蔵から出て楽しい毎日がと思ってたのに・・・。
まだ2年生やで・・・。
ちょいとばかし、早すぎやしませんか・・。

神様ー・・・

こんなことならお風呂には入れるのもあとわずか・・。

子供の成長を初めてさびしく感じた瞬間でした。

奥播磨 純米大吟醸“伝授”生

こんにちは。製造部 アラキです。

いよいよ、伝授の発売が決まりました。

今月の23日に発売です。

特等山田錦を38%まで磨き、丁寧且つ大胆に。且つ奥播磨らしい味わい豊かな純米大吟醸です。

乾杯のみの純米大吟醸ではなく、食中にも抜群です。

奥播磨ならではの、奥播磨だからの純米大吟醸“伝授”生。

4月23日限定発売です。

歯磨き時計

ファイル 453-1.jpg

彼女に勧められて
歯医者さんへ

今日で2回めの訪問
大橋歯科医院

下村酒造店から
徒歩5分の距離を
「気分」を理由に愛車で訪ねた

治療後
診療料金の支払いまでの待ち時間を楽しむ私の目に飛び込んできたのが
これ!
歯磨き時計

歯ブラシに見立てた振り子が、時計盤の歯を磨いてる様。
感動して
ウキウキして
携帯電話でパシャリ

受付に居た姉さんに
言われた
「写真を撮った人、初めてやわ」

「初めて」って余韻
1番にゴールテープを切った感覚に似ている
褒め言葉に聞こえて心地好い。

梅に鶯

ファイル 452-1.jpg

「春やなあ」
と言う代わりに、
「梅に鶯やなあ」
と装飾する感覚、心地好いです。
つくづく
昔の人は偉かった。
自然に、
花鳥風月に
そう思えます。

今年も
家の近くに、
ホー、ホテチョっ
鶯の美しい鳴き声を耳にして改めて
私に日本人の血が色濃く流れているのだなあ、実感します。

今日も・・。

おはようございます。製造部 アラキです。
今日も元気に片付け作業。天気もいいし洗い物日和です。

早速、竹の簾をいっせいに洗い、熱湯殺菌しては外へズラーッと並べて来ました。ある意味、今年も終わったなぁ、って感じです。

それと並行して瓶燗火入れ作業です。
本日は
“山廃純米スタンダード”
多鹿さんも大忙しです。

造りは仕込が終わり、朝の作業が落ち着きつつあるものの、そのほかの作業で皆々大忙しです。

そんな中、私アラキは朝のこの時間から・・。
さ、仕事仕事・・。

戻りまーす。

揖保川へアマゴ釣行

ファイル 450-1.jpgファイル 450-2.jpgファイル 450-3.jpgファイル 450-4.jpgファイル 450-5.jpg

<釣り>
揖保川の支流へ。
市販のオーナー針の仕掛け、少し大きめ7.5号針。
餌は高井酒釣り具店のミミズ。
3月31日、曇り空
雪解け水、少なめ
流れ、早い


今期初の獲物、
締めて3匹、18ー21cmクラス。
素敵なプロポーションです、とくに天然物は(手前の1匹がそれです)。
まだまだ水温の低い3月31日、アマゴも食い渋って慎重な当たりでしたが、さすがに、引きは強烈。
食いも浅かったので、2度の針ばらし。

<仕込み>
釣ったら食います。
食うものしか釣りません、
誓います。
食わなければ、ただの殺生、厭味です。
食ってこそ、供養。
それが僕の血となり肉となる。

汚れ落としの為に、うろこ取ります。
腹を掃除します。
胃袋と肝は珍味、切り分けて丁寧に洗います。
胃袋と肝は、再びアマゴの腹に入れ戻します。
(※ 40cm超なら、舌も美味しく食べられます)。
(胃袋の掃除のついでに、胃の内容物の確認。たくさんのガザを捕食していました。キンパクですね。)

<調理>
焼きました。
(40cm超なら、食べ応えありますから、刺身も旨いです。)
塩は、降っても降らなくても構いませんが、
今回は、醤油で頂きたい気分、うちのお酒に合わせる意味でも。
だから、塩降りません。
新鮮ですし、塩なくても魚の皮が破れたりしません。

<食べる>
まづは、養殖魚。
旨い。アマゴは最高に旨いです。
次も養殖魚。
旨い。柔らかくて甘くて。
最後、天然物。
感動。
比べようもない、旨いです。
筋肉質で、ぐにぐにした食感。生き物を食べてるって実感できます。

養殖池で育ったのとは明らかに違っています。
身がパーンって張っています、はち切れそうです。
厳しい流れの中で生きてるものは美しい。
背もたれのないところの野生、憧れます。