記事一覧

イベント出店 【大塩海岸 浜終い】

ファイル 646-1.jpgファイル 646-2.jpg

毎秋、人気を博している姫路・大塩海岸の浜終いの会が今年も下記の通り開催されます。
20年以上も続く、漁・収穫・料理・食・酒・自然に感謝し、人々が集うこちらの会に当蔵も参加いたします。ワインBar、播州地酒Bar、浜辺のパン屋なるお店が開設され、浜で獲れた魚介類を使った料理も堪能できるので、海に沈む夕日を見ながら新鮮なシーフードをアテに一杯という楽しみ方も。晴れれば、漁師さんと一緒に船にも乗れますのでお子様もご一緒にぜひ遊びにいらしてください。

【大塩海岸 浜終い】
<日時>2016年11月6日(日)
12:30 受付
13:00 開会
<場所>大塩海岸
山陽電鉄本線「山陽姫路」駅より直通特急・梅田行「大塩」下車、徒歩約20分
※飲酒される方のお車でのご来場はお断わりいたします。駅前のタクシーをご利用ください。
<会費>7,000円(小学生以上20才未満は3,000円)
<お問い合わせ・ご予約>川西
TEL : 0794-48-0018 / 090-2702-7522
E-mail : kawanishi@kawazyu.co.jp
<主催>プロジェクト[浜]
<協力>大塩漁業協同組合

イベント開催 【播州酒・食・文化懇話会 秋会】

ファイル 645-1.jpg

今年も下記の通り、播酒懇の会を開催いたします。
ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。

【第五十八回 平成二十八年神無月 熟成播秋の秋 夏越し酒、飲み切りひやおろし】
<日時>平成28年10月26日(水)
   17:30~受付開始
   18:15~徳島理香子ミニコンサート
   18:45~開宴
<場所>ホテル日航姫路・3F「光琳の間」
<会費>10,000円(定員200名)・着席形式
<食のテーマ>播州の実り 山、里、海の旬な味
熟成酒に合う味を追求します。夏越しの酒とのマッチングをお楽しみください。
<連絡先>松本敏郎 670-0935 姫路市北条口5-8
Tel : 079-28-0818 FAX : 079-28-9676

17:30~18:15まで、3F藤の間にてお茶席を設けております。コンサート開演までのひとときをお過ごしください。
出品のお酒が当たる抽選会を開催します。

<参加蔵>
 葵鶴(あおいつる:三木市)
 奥播磨(おくはりま:姫路市 安富)
 白鷺の城(しらさぎのしろ:姫路市 広畑)
 盛典(せいてん:加古川市)
 雪彦山(せっぴこさん:姫路市 夢前)
 忠臣蔵(ちゅうしんぐら:赤穂市)
 龍力(たつりき:姫路市 網干)
 播州一献(ばんしゅういっこん:宍粟市)
 富久錦(ふくにしき:加西市)
 倭小槌(やまとこづち:播磨町)
 來楽(らいらく:明石市)
特別出品:ハトヤ

<播酒懇=播州酒・食・文化懇話会とは>
播州における酒文化・食文化を研究し、地域の発展に貢献する事を目的に活動している営利を追求しない会。30年前に発足し、主な活動としては1月15日に開催される「旬酒の会」、春の「搾りたてを楽しむ会」、秋の「熟成を楽しむ会」などがあります。
メンバーは、本物の酒造りを続ける播州の酒蔵、酒流通、飲み手などで構成されています。

雑誌掲載 『美的 11月号』

ファイル 644-1.jpgファイル 644-2.jpg

現在発売中の 『美的 11月号』 に女性が夜遅くに飲んでもOK、秋の恵みにも合う酒として、当蔵の奥播磨 山廃純米スタンダードが紹介されています。

P.300、料理家 真藤舞衣子さんの「美容賢者の体に優しい家呑みごはん」のコーナーです。

全国のコンビニ、書店で販売中ですのでぜひご覧ください。

誌面にもありますが、奥播磨 山廃純米スタンダード は燗にしておいしい酒です。鍋物が恋しくなるこれからの季節、特におすすめです。

イベント出店 【全国一斉日本酒で乾杯 in 姫路城】

ファイル 643-1.jpg

今週末、10月1日は日本酒の日!
熊本地震被災地等へのチャリティとして開催される下記のイベントに当蔵も出店いたします。

【全国一斉日本酒で乾杯 in 姫路城】
<日時>2016年10月1日(土)14~19時
              2日(日)14~17時(お酒がなくなり次第終了)
※荒天時中止
<場所>大手前公園(兵庫県姫路市本町68)

初日は17時45分より兵庫県産山田錦を使用したふるまい酒もございます。
試飲もしていただけますので、ぜひ飲み比べにいらしてください。
お待ちしています。

テレビ放映 「ひめじ観光大使が巡るふるさと安富」

ファイル 642-1.jpgファイル 642-2.jpg

ウインクひめじチャンネル(姫路ケーブルテレビ)の「ひめじ観光大使が巡るふるさと安富」という番組で当蔵が紹介されています。

当蔵のある安富町出身、ひめじ観光大使で演歌歌手の丘みどりさんにご来店いただき取材していただきました。

以下の日時で放映中です。ぜひご覧ください。

【2016年9月30日(金)まで】
<水・木曜日>
9:00~9:15 / 16:30~16:45
<金曜日>
8:45~9:00

平成28年6月10日姫路市立安富中学校区トライやる・ウィーク第5日目『充実した5日間』

ファイル 641-1.jpgファイル 641-2.jpgファイル 641-3.jpgファイル 641-4.jpgファイル 641-5.jpg

トライやる最終日
「今日でもうトライやるが終わってしまう!」と自分に言い聞かせ、いつも以上に頑張ろうと思いながら出社しました。

お店に着くとすぐに車に乗りました。
どこに行くんだろうと思っていたらすぐに着きました。
そこでは倉庫みたいなところから新しいカップを取り出しました。
取り出し終えてから倉庫に鍵をかけるのですがそれがとても硬くてかけ終わった後も手がジンジンして痛かったです。

お昼ご飯の少し前に、とても寒い倉庫に行きました。
そこには、たくさんの山積みにされたお酒がありました。
そこから「純米」というお酒を7ケース取り出しました。
ねこぐるまを使って運べるのは6ケースだけなので、残りの1ケースは僕が持っていきました。
1ケース18キログラムもあるので、重かったです。
でも、運び終わった後に達成感を味わうことができたので嬉しかったです。

このトライやるウィークの5日間はとても充実していました。
お酒の出荷準備やトルネードなどの作業はもちろん、昼休みや3時の休憩の時もとても楽しかったです。
多鹿さんをはじめ、妹尾さん、片岡さん、難波さんなどの指導者さんたちも新しいことをどんどん教えてくださったりと、本当に楽しい5日間でした。
トライやるで学んだことを今後の生活に活かしていきたいです。

姫路市立安富中学校  2年B組  安井 悠人

平成28年度安富中学校区トライやる・ウィーク第5日目『最後の仕事』

ファイル 640-1.jpgファイル 640-2.jpgファイル 640-3.jpgファイル 640-4.jpgファイル 640-5.jpg

今日で最後のトライやる・ウィーク、楽しかったトライやる・ウィークも終わりが近づくと思うともっとやりたいという気持ちが強くなりました。ですが、終わりは終わりなので、『今日も一生懸命作業をして、最後まで頑張ろう!』と、いう気持ちで朝から出勤しました。
作業場に行って毎日最初にする作業をしました。今日、出荷するお酒をナイロン袋に入れて、割れ物シールを貼りました。この作業をするのも今日で最後だったので、いつも以上に丁寧にしました。
次に、下村酒造店の近くにある倉庫みたいなところに行って、小さいカップ30本入りを14セット、合計420本を車に積んで運びました。
そのあと、長靴に履き替えて洗瓶機で今日も大きな瓶と、今日取りに行った小さいカップを洗いました。テンポよく洗えたのでよかったです。
洗った後、『純米』と、いうお酒6本入りを7セット運びました。1セット約18キログラムもあるので、7セットで合計約126キログラム分のお酒を運びました。かなり重かったです。
午後は、今日も大きい瓶から小さいカップに移しかえる作業をしました。瓶をよく振って、中に泡が残らないようにしないといけませんでしたが、今日は何本か泡が残ってしまいました。
もう、仕事を体験することはないと思います。この1週間でとてもいい体験ができたと思います。本当に楽しかったです。

姫路市立安富中学校 2年B組 松本 拓巳

平成28年6月9日姫路市立安富中学校区トライやる・ウィーク第4日目『洗瓶機マスター』

ファイル 639-1.jpgファイル 639-2.jpgファイル 639-3.jpgファイル 639-4.jpgファイル 639-5.jpg

トライやる4日目、
雨だったので少し憂鬱な気分で出社しました。
でも、洗瓶機での作業でいっきに目が覚めました。
昨日のように熱いのかな~とドキドキしながら恐る恐る触ると・・・
なんと、全然熱くなかったのです!
熱くないというより熱さに慣れていました。
昨日できなかったことが、こんなにも早く攻略することができたのでとっても嬉しかったです。
そして、作業もはかどり、あっという間に終わってしまいました。
僕はこの作業が、一番好きになりました。
午後からは、一升瓶に入ったお酒を小さいカップに入れる作業をしました。
お酒は一度機械を通してからカップへ入っていきます。
その時に、泡が残らないよう瓶の中でお酒のトルネードをつくるのですが、それがうまくいくととても気持ちよかったので「どうすれば綺麗にできるのかな」と考えながらしました。
最後の2つぐらいはとてもきれいにできたのでよかったです。
明日で最後のトライやる、
慣れた作業も初心を忘れずにがんばって行きたいです。

姫路市立安富中学校 2年B組 安井 悠人

平成28年度安富中学校区トライやる・ウィーク第4日目『今日もトルネード!!』

ファイル 638-1.jpgファイル 638-2.jpgファイル 638-3.jpgファイル 638-4.jpgファイル 638-5.jpg

今日も最初の作業は出荷するお酒をナイロン袋に入れることをしました。いつもと同じ作業ですが、手を抜かず1つ1つ丁寧にお酒をナイロン袋に入れるようにしました。
次に、昨日もしましたが洗瓶機で今日は大きい瓶と小さいカップを洗いました。今日もテンポよく洗えたのでよかったです。80℃の湯で洗って、洗瓶機から出てきた瓶やカップを平気な顔で取り出す難波さんは僕にはできないことなので、本当にすごいなと思いました。
午後は、これも昨日した作業ですが、大きい瓶から午前中に洗った小さいカップに移しかえる作業をしました。瓶の中でトルネードを作って泡が瓶の中で残らないように気を付けました。
今日は、昨日と同じ作業が多かったですが集中して作業に取り組めたと思います。明日でトライやる・ウィークが終わってしまうので最終日も頑張ります。
姫路市立安富中学校 2年B組  松本 拓巳

平成28年度姫路市立安富中学校区トライやる・ウィーク第3日目『あっつ!!』

ファイル 637-1.jpgファイル 637-2.jpgファイル 637-3.jpgファイル 637-4.jpgファイル 637-5.jpg

トライやる3日目、
仕事にも段々慣れてきて仕事が面白くなってきていました。
 いつもの様に、瓶をナイロン袋に入れたり、出荷するお酒を運んだりしていました。
すると、難波さんに呼ばれたのでついて行きました。
ついて行くと見たこともないような青い大きな機械がありました。
 【洗瓶機】です。
その機械では、新しい瓶を洗浄しました。
 洗浄し終わった後に小さい瓶ようのアタッチメントを取り外すのですが、それが本当に熱くて手が火傷しそうでした。
 でも、残りがすこしだけだったので頑張ってやり遂げました。
 「熱い」といわない難波さんは、すごいなと思いました。
 午後からはお酒の入った瓶をタオルで拭きました。
 そのときに校長先生と担任の先生がやってきました!
 先生の前で失敗するのは、ぜっっっったいに嫌なので一生懸命しました。
 その後に、一升瓶のお酒の詮を外す作業をしました。
 最初は全然上手くいきませんでした。
 ですが、できるようになってくるとスルンととれてとても気持ちよかったです。
 トライやるもあと2日、悔いが残らないように頑張っていきたいです!!

姫路市立安富中学校 2年B組  安井 悠人