記事一覧

歯磨き時計

ファイル 453-1.jpg

彼女に勧められて
歯医者さんへ

今日で2回めの訪問
大橋歯科医院

下村酒造店から
徒歩5分の距離を
「気分」を理由に愛車で訪ねた

治療後
診療料金の支払いまでの待ち時間を楽しむ私の目に飛び込んできたのが
これ!
歯磨き時計

歯ブラシに見立てた振り子が、時計盤の歯を磨いてる様。
感動して
ウキウキして
携帯電話でパシャリ

受付に居た姉さんに
言われた
「写真を撮った人、初めてやわ」

「初めて」って余韻
1番にゴールテープを切った感覚に似ている
褒め言葉に聞こえて心地好い。

梅に鶯

ファイル 452-1.jpg

「春やなあ」
と言う代わりに、
「梅に鶯やなあ」
と装飾する感覚、心地好いです。
つくづく
昔の人は偉かった。
自然に、
花鳥風月に
そう思えます。

今年も
家の近くに、
ホー、ホテチョっ
鶯の美しい鳴き声を耳にして改めて
私に日本人の血が色濃く流れているのだなあ、実感します。

揖保川へアマゴ釣行

ファイル 450-1.jpgファイル 450-2.jpgファイル 450-3.jpgファイル 450-4.jpgファイル 450-5.jpg

<釣り>
揖保川の支流へ。
市販のオーナー針の仕掛け、少し大きめ7.5号針。
餌は高井酒釣り具店のミミズ。
3月31日、曇り空
雪解け水、少なめ
流れ、早い


今期初の獲物、
締めて3匹、18ー21cmクラス。
素敵なプロポーションです、とくに天然物は(手前の1匹がそれです)。
まだまだ水温の低い3月31日、アマゴも食い渋って慎重な当たりでしたが、さすがに、引きは強烈。
食いも浅かったので、2度の針ばらし。

<仕込み>
釣ったら食います。
食うものしか釣りません、
誓います。
食わなければ、ただの殺生、厭味です。
食ってこそ、供養。
それが僕の血となり肉となる。

汚れ落としの為に、うろこ取ります。
腹を掃除します。
胃袋と肝は珍味、切り分けて丁寧に洗います。
胃袋と肝は、再びアマゴの腹に入れ戻します。
(※ 40cm超なら、舌も美味しく食べられます)。
(胃袋の掃除のついでに、胃の内容物の確認。たくさんのガザを捕食していました。キンパクですね。)

<調理>
焼きました。
(40cm超なら、食べ応えありますから、刺身も旨いです。)
塩は、降っても降らなくても構いませんが、
今回は、醤油で頂きたい気分、うちのお酒に合わせる意味でも。
だから、塩降りません。
新鮮ですし、塩なくても魚の皮が破れたりしません。

<食べる>
まづは、養殖魚。
旨い。アマゴは最高に旨いです。
次も養殖魚。
旨い。柔らかくて甘くて。
最後、天然物。
感動。
比べようもない、旨いです。
筋肉質で、ぐにぐにした食感。生き物を食べてるって実感できます。

養殖池で育ったのとは明らかに違っています。
身がパーンって張っています、はち切れそうです。
厳しい流れの中で生きてるものは美しい。
背もたれのないところの野生、憧れます。

今週は、「 安冨中学校トライやる・ウィーク 」

ファイル 380-1.jpg

古井慎也くんが卓球の試合で2つ勝ったとか、
仲嶋泰我くんが柔道部の主将になっているとか耳にして
わたし、嬉しく微笑むのです。
23年度 安富中学校トライやる・ウィークで
下村酒造店に来てくれた2人の、その後です。

今年も応募してくれています、
24年度 安富中学校トライやる・ウィーク。
2年A組 満田 健太郎(みつだ けんたろう)くんと、
2年B組 福岡 勇也(ふくおか ゆうや)くん。


そもそも、トライやる・ウィークとは、何ぞや!?

兵庫県教育委員会の資料によれば、
その趣旨、

「 中学生が職場体験、福祉体験、勤労生産活動など、
地域での様々な体験活動を通じて、
働くことの意義、楽しさを実感したり、
社会の一員としての自覚を高めるなど、
生徒一人一人が自分の生き方を見つけられるよう支援する。
 また、「トライやる・ウィーク」への取組を通じて
学校・家庭・地域社会の連携を深め、
社会全体で子どもたちの人間形成や社会的自立の支援を行うこで、子どもたちを中心とした地域コミュニティの構築へと発展することを期待するものである。」

とあります。


わたしが中学生の頃には無かった取り組みです。

1995年の阪神・淡路大震災、その後の傷ましい事件を機に
兵庫県内の中学2年生を対象として、
1998年度から実施されている職場体験です。

子供らを孤立させない、
子供らの不安を取り除く、
子供らに社会との繋がりを作る、
そういった機会作りも含めて、

「 地域の子供は、地域で育てるんや!! 」
僕らも覚悟して、応対します。


彼らの緊張奮闘ぶりを、
彼らの言葉で、毎日、蔵便り更新する予定です。
もちろん、パソコン入力も彼らの手によります。
是非、読んであげてください、
宜しくお願いします。


 下村酒造店 製造部  多鹿 哲哉(たじか てつや)

「 エルデベルグ平井 」の専務さん、下村酒造店にご来店

ファイル 300-1.jpgファイル 300-2.jpgファイル 300-3.jpgファイル 300-4.pdf

23BY仕込み第1号の、
そのもろみの10日め、
元気よく、プチュプチュ泡はじける頃、

姫路の酒販店「 エルデベルグ平井 」の専務さん、ご来店。

ヌーボーワインの配達のついでにと、下村酒造店へお立ち寄り頂けました。


「 改めて、何点か、きき酒させてもらってもいいですか?」とのことで、
すぐに、下村酒造店店内きき酒コーナーへ。

まづは、
『 奥播磨 ダブルエックス 火入れ ~ ふた夏越えの瓶熟成 ~ 』

平井専務
「 出始めた頃は、もっと複雑な味わいがあったよね 」

確かに。

17BYが出始めた頃は、そんな感じでした。

覚えてくれはってることに感激と、
その舌の記憶に驚きます。

次に、
『 奥播磨 純米吟醸 深山霽月( みやませいげつ )』

平井専務
「 あれ!?、これって何BY?」

むむむっ!!
専務さんの言葉に、わたしの解釈をば。

( 「 あれ!?、深山霽月は、もう22BY酒に切り替わってると
思ったのに、いい味のりしてるし、お酒が随分と落ち着いてるよね。」)

わたし、もしやと、
試飲用の『 奥播磨 純米吟醸 深山霽月( みやませいげつ ) 』の製造年月スタンプを確認しますとね、
ごめんなさいませ、確かに、この年月なら、まだ21BY酒でした。
すぐに、22BY酒のほうを用意させてもらいました。

ただいま発売中の深山霽月は、22BY酒です、
専務さんへ、この場を借りて、
申し訳なかったです
というか、この蔵便りを見てくれはってんだろうか
なので、
誰ぞ近々、平井専務にお会いする方がいらっしゃいましたら
宜しくお伝えくださいませ、
「 また来てね!」って。

しかし、

舌が鋭敏で、コメントも鋭いのは、
きき酒のためのきき酒に陥っていないということです。
言い方を変えると、
きき酒で確認しようとする目的が定まっていて明瞭だということです。

素晴らしい!
当たり前なのですが、素晴らしいっ!
あんた、すごいよ!専務さんっ。

わたしが、
いろいろと手を変え品を替えする必要のない、
噛み砕いて伝える努力を省いてしまえる、そんな御方さまです、
「 エルデベルグ平井 」の専務さん、

あんたは偉いっ!!

あっ、
上から目線だったり、
タメ口きいたり、
ヤバいやばい、嫌われてしまう
メンゴメンゴ

大切なことは、2度言う例えもあります。
2へん謝ったので、きっと大丈夫。


あとあと、
「 エルデベルグ平井 」さんからは、
まだ、搾れてもないお酒、
奥播磨のしぼりたて新酒のご注文を頂けており、
誠に有り難い、
12月に入ったら、
「 エルデベルグ平井 」さんとこに、

奥播磨のしぼりたて新酒が、ドーンっ、です。

みなさま、
よろしく、お買い求めくださいませ。

23,11,20(日)開催『 ヒメボタルを中心とした関 水尾神社周辺の自然を守り・生かす学習会[ 講演会 ]』

ファイル 294-1.jpgファイル 294-2.pdf

安富町内の鹿ケ壺山荘で催されるイベントのお知らせです。

私の家に配達された新聞の、
折込みチラシなのですが、

もしかすっと、もしかすっと、
よその地域にお住いの方なら、
ご存じないんやないの?

せっかくの催しなのに、それでは余りに惜しい!
というわけです。

ご興味方方、ご参加されてみては如何ですか。

会場の鹿ケ壺山荘は、
下村酒造店下村酒造店ホームページ )から、さらに北へ10km進んだところにあります。
下記に、
グーグルマップを貼りつけてます。
迷わずいけよ、1・2・3、ダー!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


『 ヒメボタルを中心とした
関 水尾神社周辺の自然を守り・生かす学習会[ 講演会 ]』


県指定天然記念物の大スギ
県下最大級の大カシ( 独立木では県下一の太さ )などの大木でおおわれている水尾神社境内は、

初夏になると、
川側ではゲンジボタル( 体長12~20mm )・
山側ではヒメボタル( 体長6~9mm )が飛び交い、

希少種のヒメハルゼミ( 体長32~38mm )が鳴くなど自然の宝庫であります。

この貴重な自然を守るため
地域を挙げて取り組んでいますが、

その活動の一環として今回、

ヒメボタルを中心とした学習会を計画いたしました。
多くの方々の参加をお待ちしております。


日時; 平成23年11月20日(日)
    午後1時30分より

料金; 無料
    入場無料( 申込み不要です。)

場所; 鹿ケ壺山荘

講師; 兵庫県立人と自然の博物館
    主任研究員  八木 剛 先生

主催; 安富北校区地域夢プラン実行委員会

問合せ先; 古井会長宅 0790-66-2448
      鹿ケ壺山荘 0790-66-3505


     ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


~~ 下村酒造店からのお知らせ ~~~
『 とっておきの燗酒、白影泉 19BYシリーズ 』
      立冬、11月8日(火)発売開始!!

迫力の味量、山廃山田
甘みの密度、山廃雄町
旨みのバランス、純米吟醸しもむら
すべて爽やかな印象も残す、熟成酒への入口のお酒たちです。

大相撲九州場所の楽しみ方

ファイル 293-1.jpgファイル 293-2.jpgファイル 293-3.jpgファイル 293-4.jpgファイル 293-5.jpg

本日、飲みたい酒、
「 白影泉 山廃純米 雄町六割五分磨き 19BY 」を携えて

17時からの晩ご飯に、
わたし、30分遅れて席についた会所部屋で
きゃっきゃ飛び交う声の行く先、

住吉さん
「 うん、手前のん、いい女やな 」
聡一郎
「 ぼくは、その後ろの人がいいです 」

流れてる映像、
NHK『大相撲九州場所』。

いやいやいやいや、

「 君ら、相撲を観ろよ 」
僕の声。

彼らの声は、
砂かぶりな席の女性への感想です。

「 しかし、・・・ 」
と、わたし、2,4秒経過

なるほど、
こういった楽しみもあったものだなあ、感心感心。


といって、
わたしら、
相撲マニアですから、
ここいら毎日楽しみで楽しみで、裸と裸のぶつけ合い、
大相撲 九州場所。

酒造期間中のテレビと言えば、
基本NHKです。


「 がぶれ、がぶれ !」
琴奨菊への声援なら、これで間違いない。

寄り切りー、寄り切って、
琴奨菊の勝ちー

あっぱれマーク1枚、進呈!


~~ 下村酒造店からのお知らせ ~~~
『 とっておきの燗酒、白影泉 19BYシリーズ 』
      立冬、11月8日(火)発売開始!!

迫力の味量、山廃山田
甘みの密度、山廃雄町
旨みのバランス、純米吟醸しもむら
すべて爽やかな印象も残す、熟成酒への入口のお酒たちです。

カーネーション

ファイル 246-1.jpgファイル 246-2.jpgファイル 246-3.jpg

どんな表現にしろ、

感動身震いした、その一瞬を

脈打ち感動した方向を鮮やかに魅せるため、スパッと鋭利に切り落として、

その断面を美しく発現させるものだ。

ある風景から
胸つき動かされて
つらつら述べるのは、
それこそ、
つまりは、
「一言で言えるなら、そうしています」


その僕の、
感動連ねた文章が
ボタンひとつ打ち間違えて消えてしまいました、エーン。

感じることだけが、この世のすべてだ、
すべては旬
もう、
あの文章が全くそのままに、
現れることなんてない。

ながら、


沸き立つ思いだけは、確かに僕の胸に熱い。
熱く熱く


あのね、
あのね、
あのねのね、


買って参りりました、椎名林檎『 カーネーション 』

も寝ます、

http://www.nhk.or.jp/drama-blog/1110/ NHKドラマスタッフブログ

http://www9.nhk.or.jp/carnation/index.html 連続テレビ小説「 カーネーション 」

~~ 下村酒造店からのお知らせ ~~~
『 とっておきの燗酒、白影泉 19BYシリーズ 』
      立冬、11月8日(火)発売開始!!

迫力の味量、山廃山田
甘みの密度、山廃雄町
旨みのバランス、純米吟醸しもむら
すべて爽やかな印象も残す、熟成酒への入口のお酒たちです。

下村酒造店のAC時計が、11:40を指す

ファイル 276-1.jpgファイル 276-2.jpgファイル 276-3.jpgファイル 276-4.jpg

左上の画像をクリックして、
電線を辿ってみてください。
今も現役、
AC電源の、古時計です。

下村酒造店のAC時計が、11:40を指す10月31日の、その瞬間の姿をパシャリ、パシャリ、パシャリ、と撮影してきました。

妹尾聡一郎が、
ガンを握って放冷機を洗浄中です、
蒸しあがった米の粗熱を飛ばす機械です。
まだまだ、
酒造りは、始まったばかりで
今は、コンベアのない小さな簡易放冷機を使ってますが、
もうすぐ、そのうち
毎朝8時過ぎには、
大きなブロー音をたてて大活躍してもらわなけりゃあいかん、
その準備です。

荒木くんが、
酒母の検温してます、
品温は酵母に任せて、
酵母の増殖につれて具合をみながら、
品温を下げるタイミングを測っています、
手前のタンクの酒母、
伝えられないのが残念だ、
かぐわしくリンゴ様の芳香を放っています。

住吉さんが、
米の払い出しをしています、
今日、手洗いする「 兵庫夢錦 」米の計量中に、パシャリ、
気配に気づいてサービス満点ショットとなりました。
これを明朝蒸しあげて、
本仕込みのいっとう初めの麹造りへ取りかかる訳です。

で、わたし、
AC電源の古時計なんて、マジすんげー、
前からあるのに、
改めて感動、
2.1秒、浸ってしまって、
古時計のコチコチ刻む、たった今のこの瞬間、
みんなも、
お酒への思いを絶やすことなく励んでいるんだ、
さらに膨らませたりして、
して、そのうち、
私たちの熱が極まったときには、
「 あー、マジ忙しい、日が短いよな 」
古時計も、その日だけは、
ご老体に鞭打つ働き、いつもよりも速めにまわってんだろうな、
思い浮かべて一人にやけて、
デジカメをパシャリパシャリの多鹿です、
けして怠けてるわけじゃない、ちょっとした自由行動、
感動は鮮度が大切ですもん、
思い立ったが吉日ですから、アーメン。

10月28日、14:30の下村酒造店 ~ 荒木力の場合 ~

ファイル 271-1.jpgファイル 271-2.jpgファイル 271-3.jpgファイル 271-4.jpgファイル 271-5.jpg

酒母の分析の準備に、
必要な滴定器を洗っている荒木力です。

この下村酒造店ホームページ内、
商品案内のページで
各お酒の成分表を掲載しています。
そのうちの、
酸度、アミノ酸度の測定に使用する器具です。

測定値は、
絶対値としても、比較して把握するものであっても、
とても重要なものです。

ですが、
僕が決して忘れられない光景があります。
昨年のできごと、
夜遅くに、酒母タンクを見つめていた荒木力の姿。
酵母の湧きあがるのを
わが子を育てるように見つめている姿です。

ここです。
測定値は測定値として、

もっとも重要なのは、
状貌であったり、香りであったり、手に取って舐めてみたり、
元気な酵母の湧きたつ泡の破裂音だったりして、

思いを込めて
分析判断するのは、
人間の五感の部分です。

昔の人の言葉、
「 分析値をオヤジ( 杜氏さん )に知らせるな!」
とは、よく言ったものです。


しかし、
荒木力、ウンコ座りしてても、画になりますな。
偶然見つけて、手にしている本、
「 清酒酵母の研究 」。