記事一覧

9/1 播秋 2種発売!!

ファイル 611-3.jpgファイル 611-4.jpg

こんにちは。製造部 アラキです。

日中はまだまだ暑い日が続きますが、夕方には日が沈むのも早くなってきましたね。朝晩もめっきり涼しくなってきました。

みなさん、季節の変わり目、体調管理にご自愛くださいませ。


そんな中、9月1日に2種類の奥播磨が発売になります。

  ・播秋 山廃純米 兵庫夢錦55 生
  ・播秋 山廃純米 山田錦55 生

の2種類。

兵庫夢錦はもちろん、地元安富町メインに隣町の山崎町、夢前町産
山田錦は兵庫県産の特等米を全量使用しています。

それぞれのコメの特徴を樂しみつつ、秋の始まりを感じてください。


いよいよ、9月1日発売です!!

御礼 深山霽月 生 完売!!

ファイル 610-1.pdf

こんにちは。製造部 アラキです。

皆様、お陰様をもちまして

  “深山霽月 生”

完売となりました。

今年初めての商品で、売れるのだろうか・・いや、売れるはず。
この味わいなら、大丈夫、だって美味しいもん・・・。

そう言い聞かせながらでしたが、蓋を開けると・・・。

ありがとうございます。

おかげさまをもちまして、完売となりました。

次の商品発売は9月1日に。。
詳細は・・・ひ・・み・・つ。。


お楽しみに。

“季と菜と魚とさんたか”お酒の会

ファイル 609-1.jpgファイル 609-2.jpgファイル 609-3.jpgファイル 609-4.jpgファイル 609-5.jpg

こんにちは製造部 アラキです。

久方ぶりの記事で・・・。
神戸は垂水区にある

  “季と菜と魚とさんたか”さんにて

お酒の会に行ってきました。
やはり、奥播磨はお酒単体ではなく、お料理と併せて頂くことで
よりいっそう美味しく呑んでいただけます。

ましてこの“さんたか”さんのお料理、美味しいです。
店名のとおり、

 旬の食材を使ったお料理に今回参加されたお客様もさぞかし満足されたのでは…。

参加いただいた方々ありがとうございました。
また、さんたかさん、岩井さん重ねてありがとうございました。

お近くの方、是非。神戸に来られる機会がありましたら、皆さんも是非。


写真が5枚しか掲載できないので・・・。良さを伝えきれずごめんさい。
後は皆さんの目で実際にご確認ください。

美味しいですよ~。


   “季と菜と魚とさんたか”
     神戸市垂水区川原1-2-18
       電話078-755-5225
       17:00~23:00          

下村酒造店にてトライやる・ウィーク 第5日目 「感謝」

ファイル 608-1.jpgファイル 608-2.jpgファイル 608-3.jpgファイル 608-4.jpgファイル 608-5.jpg

今日はお酒を外で保存するためにまとめて包装しました。その後お酒を1800mlの瓶から720mlの瓶に移し替える作業をしました。
僕は、下村酒造店で貴重な体験をさせていただきとても有意義な時間にすることができました。これが実現できたのもご指導していただいた、指導者の方々のおかげだと思います。
 現場では初めてのことばかりでたくさんミスもしてしまい迷惑ばかりかけて、邪魔になっていたとは思いますが丁寧にご指導していただいたことに感謝してもしきれないほどです。
目標にしていた感謝の気持ちを忘れないということも達成できたのではないかと思います。
 緊張でガチガチだった初日に楽しくお話をしていただいたおかげで今日まで楽しい活動が出来たのだと思います。
また今日、多鹿さんと僕たち2人で包装の競争をしました。結果は負けてしまいました。この結果からプロの技はすごいなと改めて思いました。
 下村酒造店で体験させていいただいたことは絶対日常生活や、学校生活で生かしていこうと思います。
たった5日間のトライやる・ウィークでしたがたくさん自分が知らない新しい発見ができ大きく自分は成長することができたと思います。
僕は、下村酒造店でトライやる・ウィークを行えてとてもよかったと思います。
 短い間でしたが内容の濃い5日間を過ごすことができました。
 最後になりましたが、迷惑をかけたりしてしまった下村酒造店の方々有難うございました。

下村酒造にてトライやる・ウィークだい5日目『ありがとうございました』

ファイル 607-1.jpgファイル 607-2.jpgファイル 607-3.jpgファイル 607-4.jpgファイル 607-5.jpg

今日は新聞紙でお酒を包む作業をしました。
最初に多鹿さんに手本を見せていただきました。
早くて覚えるどころかあぜんとしてしまい「覚えたな」と言われた時は
嬉しくてドキドキしました。そのあと僕たちと多鹿さんで競争しました。
全敗しました。でも気が付いたら終わっていてうれしかったです。
次に多鹿さんと坂上クリーンサービスにいらない段ボールを運びました。
その時にトラックのひもの結び方を教えていただきました。
出来るようになった時はとても嬉しかったです。
帰ってから昼食にしました。これがここで食べる最後の昼食だと思うと少し
悲しくなったりもしました。

最終日は下村酒造店のみなさんの温かさが特に感じられる1日でした。
このトライやるウィークでの経験を学校生活で生かしていきたいです。
下村酒造のみなさん5日間ありがとうございました。

下村酒造店にて、トライやるウィーク第4日目『1つの物を皆さんと』

ファイル 606-1.jpgファイル 606-2.jpgファイル 606-3.jpgファイル 606-4.jpgファイル 606-5.jpg

 今日は75℃のお湯に瓶を浸けて取り出してコンベアに乗せる作業をさしていただきました。

 お湯に浸ける時に瓶の蓋を何度も落としてしまいたくさん駄目にしてしまいました。
 その後にコンベアに乗せていく作業をしました。熱くて何度も替わっていただき、とても情けなかったです。
 赤松君と多鹿さんは配達の間、ずっとやらしていただいた結果やっと一人でもできるようになりました。

 出来るようになるのに時間がかかりすぎました。
 でもよかったです。


 こんな失敗ばかりの一日でしたが楽しかった事が1つありました。

 それは、”みなさんと1つの物を作る楽しさ”です。
1つ1つの、細かい作業が積み重なり出来た物で、お客様に喜んでいただくのはとても楽しいことだと知れてよかったと思いました。
明日は初日に戻ったつもりでがんばりたいです。

下村酒造店にてトライやる・ウィーク 第4日目 赤松 亨磨 「工夫は共通」

ファイル 605-1.jpgファイル 605-2.jpgファイル 605-3.jpgファイル 605-4.jpgファイル 605-5.jpg

今日は、瓶詰めの作業でお酒を加熱する作業をしました。最初、お湯の温度は65度くらいだったので手を入れるととても熱かったです。
加熱をする意味はお酒の中でも生きられる乳酸菌を殺すためだということを学びました。

 今日は初めての作業でお酒の瓶をお湯の中に入れる作業と取り出す作業をしました。僕は、取り出す方の作業の方が自分には向いているんではないかと思いました。瓶は65度を超えたら取り出すので熱いです。回数を重ねるごとに熱くない場所もわかったのでこちらの作業のほうがしやすかったです。
 
 もうひとつのお酒の瓶をお湯に入れる作業は、どうしても焦ってしまって自分の思い通りにはなりませんでした。でも始まった時よりは上手になることができました。この時、キャップは乗せているだけなので手があたり何個も落としてしまいました。

 そして配達で宍粟市の高井酒・釣具店さんに行きました。お酒とは関係がありませんが、鮎のおとりの話を聞かせてもらいました。ここでも職種は違いますが鮎が弱らないようにいろいろな工夫がされていて、これはどんな仕事でも共通していることだということも学ぶことができました。


 時間が過ぎるのを早く感じますがトライやる・ウィークも残り1日になりました。明日は最終日なので気を引き締めて今まで5日間の集大成になるようにしっかりと頑張りたいと思います。

下村酒造店にてトライやる・ウィーク第3日目『楽しい仕事ばかりで・・・』

ファイル 604-1.jpgファイル 604-2.jpgファイル 604-3.jpgファイル 604-4.jpgファイル 604-5.jpg

 今日は商品に値札を貼らしていただきました。
とても大事な仕事なのでヒヤヒヤしながらしていたので終わった時には凄い量の汗で、凄く暑かったです。

 その後に多鹿さんと一ノ宮の道の駅に商品を並べに行かしていただきました。
並べる商品は何回も何回も点検しないといけないため何度も積んだり降ろしたりして、とても辛かったです。
帰った時には12時を過ぎていたので
多鹿さんと一緒に昼食を食べさせていただきました。

 昼休憩を終えた後、ガラスのコップにお酒を入れて蓋をする作業をしました。
お酒がこぼれたらいけないので、とても疲れました。
でもこんな仕事を任されて、とても光栄に思いました。

 明日からはしんどいとかでは無く楽しいことを
たくさんみつけたいです。明日からもがんばります。

下村酒造店にてトライやる・ウィーク 第3日目 「継続は力なり」

ファイル 603-1.jpgファイル 603-2.jpgファイル 603-3.jpgファイル 603-4.jpgファイル 603-5.jpg

 僕は今日瓶洗いと瓶詰め、シール貼りをしました。
  
 そのなかで一番印象に残っているのは瓶詰めをしたことです。
  
 この作業は初めてでしたが慣れてくると、スムーズにすることが出来ました。 

 この作業では小さいカップにお酒の瓶詰めをしました。最初はどれくらい入れればいいかなど言葉では教えていただいていたけれど、なかなか出来ませんでしたが、作業を積み重ねていくごとに体が覚えたのでスムーズにすることができました。

 この瓶はこのあと微量調整、蓋を付け、そして検査をします。この作業では手作業でしたので腕が少しだるくなりました。     
 また今日はお酒のシール貼りでは瓶の中央に綺麗に貼れなくて結構苦労しました。でもきれいに貼れた時はとてもうれしかったです。でもこの作業も同様慣れると簡単にできるようになりました。

 
 僕は今日の作業で学んだことは、なんでも継続することの大切さです。あすからも根気強く続けてしていこうと思いました。僕たちはたった5日間ですがずっと働いていらっしゃる方はやっぱりすごいなと思いました。
 
 トライやるも半分が過ぎ残り2日になりました。残り2日ではさらに作業が迅速丁寧確実にでき、その他の面でも成長できるように頑張りたいです。 

下村酒造店にて、トライやる・ウィーク第2日目 『しんどさには慣れれず』

ファイル 602-1.jpgファイル 602-2.jpgファイル 602-3.jpgファイル 602-4.jpgファイル 602-5.jpg

今日はお酒の入った瓶を詰めていく作業をしました。

お酒はとても熱いお湯に 浸かってから来るので軍手を履いてないと僕達では触ることができないほどでした。
一本でも片手では重たい瓶を6本ずつ運んでいるうちに、
(最初はしんどくなかったですが)
1時間した頃には立っているのがしんどかったです。

瓶の入った箱を積み重ねるのに手を貸していただき
今日も迷惑をかけてしまいました。

午後からは慣れてきて、瓶を箱に詰めるのも運ぶのも
素早く出来ていたと思います。

明日からは最初から素早く丁寧に長時間頑張りたいです。