記事一覧

皆詰の慰労会( やすとみ花温泉にて )

ファイル 150-1.jpgファイル 150-2.jpgファイル 150-3.jpg

下村酒造店のデジカメ、
保存しっ放しの写真を整理( 削除 )してましたら、
こんな写真を発見、
で、新規投稿と相成ってございます。
( 撮影:妹尾聡一郎 )

22BY酒の詰め口作業も、
6月16日(木)の
「 奥播磨 山廃純米スタンダード 」の瓶燗をもって
お蔭さまで、
無事に完了しました(※1)。
暑いなか、各々ご苦労様でした、
みんなの揃う29日、
「 やすとみ 花温泉 」にて慰労会( 製造部7名 )でござる。

17時に、この日の業務を終えて、
汗だく徒歩15分で到着、
18時のお食事までは、温泉でおます、
天然温泉でおます、
サウナも有りまんがな( 熱いのは苦手です、30秒で退散 )。
湯上りには、
スグレモノのマッサージチェアー有りまんがな、
( 温泉に時間を費やしすぎて、使用せず。)

[お食事]
板長におまかせコース、予算2,500円なり。
鮎の甘露煮、
きんきの刺身、
山ふきの煮たの、
水ふきの湯がいたの、
自然薯のたらこ和え、
高菜でくるんだ烏賊の巻き寿司、
他にも、
ひとり鍋、小鉢、等
涼しげに滋味ふかく、
美味しゅうございました。

[お酒]
白影泉(はくえいせん) しもむら 」、
奥播磨 超辛 黒 火入れ 」、
奥播磨 純米スタンダード 義援金ラベル 」、
奥播磨 純米XX 生 21BY 」、
ほか、
すべて冷や~常温にて、
涼しげに滋味ふかく、
美味しゅうございました、手前味噌。

(※1、
下村酒造店のお酒は、すべて瓶貯蔵。
火入れ酒は、15℃の、
生酒は、1℃の冷蔵庫で、
じっくり熟成しています。

もんど岡山さん、泉屋酒店さん、ただいま来店!

ファイル 149-1.jpgファイル 149-2.jpgファイル 149-3.jpgファイル 149-4.jpg

ハーレーのでっかい音が、
下村酒造店の駐車場に停車して
有閑倶楽部2名さま、ご来店!

西宮市のもんど岡山さん( 髭のかた )、川西市の泉屋酒店さん( タンクトップのかた )です。


下村酒造店に辿り着いてすぐに、雨が降り出して、

なっかなか、

人間、日頃の行いですよね!
人間、日頃の行いですよね!

大事なことは2回言う、慣例に倣ってみました。
(やばいやばい、こんな物言い、
叱られるかも、叱られるかも)


下村酒造店の古めかしい便所で、
それぞれに、しょんべん垂れてから、

山崎町の正起さんへ行かれました。

鮎を食べに行かれるようです、
鮎といえば、揖保川の天然ものですからね。

今頃、はふはふ言いながら
塩焼きを食べてはるはず。


しかし、

「 出掛ける時は、
一声掛けて、鍵かけて 」ですや~ん!

次こそは、
誘っていただこうと思っとります。

 
※ 揖保川天然鮎なら、「 高井酒・釣具店 」へ。
全国発送ございます。
( 自然の生き物相手です、日によって、捕れる数も違いますので、まづは電話にて、お問い合わせ下さい。)

播州 酒・食・文化 懇話会主催、「 第四十五回 しぼりたて 」酒会

お酒の会のお知らせです。

『 国酒の伝承は播州の誇り 』
~ 地域文化は地域の人々の営み。
大切に育み、大切に継承してこそ、そこに価値が生まれる。
こだわり続けて27年、
播州 酒・食・文化 懇話会は、さらなる可能性に挑戦していきます ~

【 日時 】23年3月18日(金)
      18:00~ 受付開始
      18:30~ 開宴
     ◎ お茶席ございます/3階 藤の間
       17:30~18:30
       開宴までのひとときをお過ごしください。

【 催し 】播州 酒・食・文化 懇話会
     「 第四十五回 しぼりたて 」
     ~ 蔵の変わらぬ味と変わる味 ~
      味とは単にお酒の味だけでなく多くの意味を含んでいます。
      建物や酒造りの道具、蔵主、杜氏、蔵人、米、水、蔵に棲んでいる酵母、
      蔵の環境など、多少の変化はあるが基本的には変わらぬもの、
      これらが蔵独自の基本味を作ります。
      そして変わるもの、
      時の流れと蔵主の思いや考え方、酒造りの技術などが、
      蔵が成し得る理想の味へとお酒を変えて行きます。
      変わらぬ味と変わる味、それぞれの蔵元とお話し頂き、
      存分にお楽しみください。

【 参加蔵 】葵鶴  ( 三木市 )
      来楽  ( 明石市 )
      倭小槌 ( 加古郡稲美町 )
      雪彦山 ( 姫路市夢前町 )  
      白鷺の城(    広畑区 )   
      龍力  (    網干区 )
      奥播磨 (    安富町 )
      播州一献(    山崎町 ) 
      忠臣蔵 ( 赤穂市坂越 )      

【 料金 】おひとり様 1万円
      ◎ 定員 200名、着席スタイル

【 会場 】ホテル日航姫路・3階「 光琳の間 」

【 主催 】播州 酒・食・文化 懇話会
・『 播酒懇 』では過去に、
      「 平岩弓枝の文化に酔う会 」、
      「 桂米朝の会 」、
      「 大塩の浜開き 」、「 大塩の浜終い 」など、
      各種のイベントを開催しています。

【 お問い合わせ先 】播州ハム工業所
           tel、079-289-2986
   

播磨地区の各酒造組合主催、『 地産美酒美食 ~播磨の新酒と旬肴を愉しむ会 』

ファイル 123-1.jpg

お酒の会のお知らせです。

『 奥播磨 』の旨い”しぼりたて新酒”、ご用意してお待ちしております。

播磨が誇る食材の数々!も、
そそられるものばかり。
  室津牡蠣の酒蒸し、小豆島産なまこの辛味大根和え、
  揖保川トマト、  明石産干し烏賊と山芋のお好み焼き、
  波賀町産切干大根ブルーチーズ和え、
  市川の清流に育まれたアマゴの塩焼き、
  家島産蛸の唐揚げ、室津産しらす干しと葱のキッシュ、他にもいろいろ。
めっちゃ、旨そうですよね、
僕なんか、もーマジ、涎れます。
( キッシュって、何や? )


【 日時 】 23年3月4日(金)
       17:30~20:30

【 催し 】 「 地産美酒美食 」
     ~ 2011年、播磨の新酒と旬肴を愉しむ会 ~
      食材の宝庫 播磨の、
      旬の山の幸・海の幸を肴に、
      播磨が誇る20酒蔵の
      しぼりたて新酒を愉しんでください。

【 料金 】 当日販売 おひとり様 3,500円
      前売り販売 おひとり様 3,000円
       ◎受付にて、試飲券10杯分、フード券2品分と引き換えます。

【 会場 】 清交倶楽部
       姫路商工会議所 1Fホール

  ※ お酒を楽しく飲む会ですので、お車でのお越しはご遠慮ください。
  ※ 臨時シャトルバスをご用意しております。
    駅南じばさんビル前 ⇔ 姫路商工会議所
    17:00~21:00( 15分間隔 )

【 前売り券ご予約・お問い合わせ 】
   (株)清交倶楽部    
    tel、079-281-6800
    fax、079-224-2207

造り手の想いを届ける、播州灘地酒イナチョー

ファイル 122-1.jpgファイル 122-2.jpg

2月13日(日)、
イナチョーさん来店、
バイクでツーリングがてら寄りました風味で。
白浜からですよ、
寄り道なくて1時間20分くらいですか、
海の町から、山の町へと、ようお越し!

幸い、蔵人の休憩時間で、
ほんの少しだけですけど、お話させて頂けました。

でもね、
寒いねー、安富は寒いねー、
つって、おっとこまえに、目深に帽子を被って、
おっとこまえに、マフラーぐるんぐるん巻きで、
正直、誰や分かりませんでした、久しぶりでもあったんですけど。


写真は、
長太さんの愛車、ハーレーダヴィッドソン。
こんなハーレー、初めて見たぞ、
タンクも細いし、
チェーンやなくて、ベルトやし。
( ちょい、写真では分かりづらいですね、右側からも撮れば良かったです、失念 )

あ、向かって左側は、下村酒造店の住吉さんです、彼もバイク好きなので、舐めるようにして、ハーレー見学させてもらいました。。


【 お勉強 】
・ 鰰沢長太(いなざわちょうた)=イナチョー

『 イナチョー 』
姫路市白浜町乙394-5
tel、0792-46-2700
http://www.inacho.co.jp/
:イナチョーのブログ、「姫路の酒屋店長《龍之介》の日常」
http://blogs.yahoo.co.jp/chotama4435

リーガロイヤルホテル東京 主催、「 春の宵 生であう 美酒で逸盃 」

ファイル 121-1.jpg

お酒の会のお知らせです。
下村酒造店も、旨い”しぼりたて新酒”、ご用意いたします。
たくさんのお越しをお待ちしております。


【 日時 】 23年3月30日(水)
       19:00~21:00

【 催し 】「 春の宵 生であう 美酒で逸盃 」
       日本全国津々浦の
       銘醸蔵より届く”しぼりたて新酒”と
       ホテルの日本料理料理長特製の酒肴で楽しむ美酒美食の饗宴。
       ほろ酔いで旅気分。
       蔵人と語らいながら、
       和やかな春の宵をお過ごしください。

【 料金 】 おひとり様 9,500円
       ◎ お料理・日本酒・税金・サービス料含む、土産酒付き

【 会場 】  リーガロイヤルホテル東京
        3F ロイヤルホール

 ※ 完全予約制です。チケットをお買い求めください。
 ※ ご予約・お問い合わせは、リーガロイヤルホテル東京 宴会予約の係りまで。 
   tel、03-5285-8962( 10:00~19:00 )

【 主催 】 リーガロイヤルホテル東京
 

桜山参道地区の「勘定所・土塁・門・堀」計画、公園緑地化計画に反対し、愛する桜山界隈商店街を守る請願署名

ファイル 120-1.jpgファイル 120-2.jpg

わたくし今、はまってるお酒、
「 白影泉 山廃純米 雄町六割五分磨き 17BY 」、
旨いです!

何がいいかってね、
老ね香を凌駕する熟成味がでてます、
乾した青草っぽさと枯れ葉様の癖になる酸味があります、

伝わるかな!? 
伝わりにくいかな?

分かりやすく言うとね、
どっしり、びしーん、ぐわーんな味わいです、

ちゅうか飲めば分かる!

ってか、
知りたけりゃ飲めばいいじゃん!

あ、
やばいっす、やばいっす、
こんな横柄な、ぶっきらぼうな物言い、
きっと嫌われちゃいます、

猿でも反省する時代に
僕よ、謙虚でこそあれ!


盛岡市の芳本酒店さんからもご注文いただけまして
「 白影泉 雄町 」、お送りしました
兵庫県のお酒が宮沢賢治の故郷へ嫁いで行くんですものね、
何だか浸っちゃいますね、
決めた、
今晩の本は、
「 注文の多い料理店 」にしておくよ
そして、そこでも
「 白影泉 」が飲まれてて
ソムリエールの幸野さんが愛情たっぷりに
僕ら蔵人の想いをお客さんに届けてくれるのだ

お酒を愛してくれる方というのは
お酒の味わいを大切にしてくれてたりしますよね
そのお酒を
より楽しむにはどうすれば良いか
ちゃんと考えてくれはります

微笑みの燗付け師、芳本和重さん( 芳本酒店の店主さん )は勿論にそういう方で、
まっとうなお酒の
その良さを見つけてくれます
利き酒して一刀両断、
ぼく、これ嫌い、駄目なお酒よね、おほほ、
なんて
けして、おっしゃりませんものね、
このお酒だったら、
この辺りかな、
にこやかな微笑みで
おいしい燗を付けてくれます、
その表情が、お酒への愛情を物語っています

だから信用できるんです

右上の写真、芳本さんの自筆手紙です
クリックして拡大します
ご覧下さい

ここまでお読みくださった、あなた、
是非、
「 盛岡東大通商店街へようこそ 」http://www.east-street.netへも訪ねてもらえませんか、

お願い致します

下村酒造店 製造部 多鹿哲哉

※ 下村酒造店の全員は、昨秋に署名させて頂いております。

純米酒が日本の田んぼを救う!?日本の農業を元気にしよう!! 下村酒造店の想い

ファイル 119-1.jpg

日本酒と呼ばれるお酒は、有史以来ずっと
「 米 」と「 米麹 」だけで造られてきました。
米そのものの旨みが生きる「 純米酒 」こそが本当の日本酒でございます。
しかし、
戦後の米不足の影響から醸造用アルコールや糖分、香料を添加した、
いわば工業製品的な日本酒が造られました。
今なお、そのような日本酒が多く造られているのが情けない実情です。
戦後の米不足から一転、
日本は米あまりの状態となり、
減反政策が敷かれるようになりました。
米が作られなくなって、田んぼは荒れ放題、
日本人の心の原風景がどんどん消えていく・・・・・。
しかし、
純米酒を飲む人の数が増えたなら、米の消費量は確実に増えます。

( 何でも、20歳以上の国民ひとりが1日1合の純米酒を飲むことで、減反の必要がなくなるそうです。※参考「 純米酒 Book 」山本洋子著/グラフ社 )
毎日の晩酌で、日本の田んぼが蘇る。
ほろ酔いでいい気分になりながら、日本の米作りを元気づけられるなんて、ちょっといい話しじゃありませんか。


※ 「 米 」と「 米麹 」だけで造られる純米酒に比べて、醸造用アルコールを添加したお酒は、添加した分だけ出来るお酒の量が増えます。醸造用アルコール添加酒は、「 純米酒 」に比べて少ない量の「 米 」「 米麹 」でお酒が造られるので米の消費量は「 純米酒 」に比べて少なくなるわけです。

例えば、分かりやすく数字で表すと、
純米酒の1,000kg仕込みでは、原料米:1,000kgと仕込水1,250リットルを使うのに対して
本醸造酒の1,000kg仕込みの場合には、原料米:1,000kgと仕込水1,250リットルに加えて、40%アルコール:290リットルを添加します。
醪(もろみ)を搾って、それぞれ300kgの酒粕が出来上がるとして、
上記の純米酒では、1,950リットル、一升瓶換算で1,083本のお酒ができあがるのに対し、
上記本醸造酒の場合には、2,530リットル、一升瓶換算で1,405本のお酒ができあがります。
つまり、同じ1,000kgのお米から、アルコール添加酒の方が322本も多くのお酒が造れるわけです。
さらに言うと、322本のお酒を純米酒で造るには、257kgのお米が必要になります。
「 奥播磨 超辛 黒 生 」の精米歩合」が55%ですから、玄米にして467kg、8俵弱ですね、実に1反の面積の田んぼを必要とする数字です。
言い換えれば、たったこれだけの事で、減反政策の敷かれているうちの1反分は、ふたたび耕作地となりえるわけです。
(1反=1町の10分の1=100メートル×10メートル)
ご興味方々、検算してみてください。

下村酒造店で、忘れ物を預かっております 【 安志加茂神社の破魔矢 】

ファイル 109-1.jpgファイル 109-2.jpg

1月24日(月)現在、まだ見つかっておりません、
探しています。


忘れ物を預かっております、
安志加茂神社の破魔矢です

1月4日(火)、
安志加茂神社へ参拝なさって、
その帰りに、
お昼の12時から13時30分の間に
下村酒造店に立ち寄られた方です、
下村酒造店のきき酒コーナーで見つけましたから、
試飲もして頂いたのだろうと思われます

お心当たりの方、
お申し出くださいませ

また、
安志加茂神社へ、1月4日に参拝なさったお知り合いの方をご存知でしたら、お声掛けして頂ければと思います
よろしくお願い申し上げます

下村酒造店 tel.0790-66-2004
 製造部 多鹿

下村酒造店で、忘れ物を預かっております 【 傘 】

ファイル 110-1.jpgファイル 110-2.jpgファイル 110-3.jpg

1月24日(月)現在、まだ見つかっておりません、
探しております。


忘れ物を預かっております
傘です

1月7日(金)、
下村酒造店にお越し下さった方で、
ご年配の女性だろうと思われます

新品ではないですが、
大切に使われていた感じがあります

木の柄の部分、ビニールの覆いが付いたままです

お心当たりの方、ご連絡くださいませ

下村酒造店 tel.0790-66-2004
製造部 多鹿