記事一覧

唸る地酒販売! 岩井寿商店

ファイル 118-1.jpgファイル 118-2.jpgファイル 118-3.jpg

ちょっと近くまで来たので寄りました風味で、
岩井寿商店の長男、来店
挨拶もそこそこ、
「 トイレ貸してください 」「 はい、どうぞ 」
16:00過ぎに来てくださって、
晩ご飯は、喜天華さんのお鍋で、
そしたら、もう
「 食べてってください 」ってことになりまんがな、二酸化マンガン←大笑いするところ(気持ちを込めて、10遍ほど唱えれば自分のギャグになります、いざ、チャレンジ!)
いっろいろ話して3時間ほど経って
明日も仕事があるからとお帰りになられました(布団もあるのに、お酒飲んでけばいいのに、朝の仕込みの手伝いしてから帰ればいいのに、もう、乗ってきたハーレー、僕にくれたらいいのに、あ、ハーレーダヴィッドソンの写真、撮り忘れた)

※ 岩井寿治さまへ
無事にお帰りになられましたか?
お酒のご注文が元気な便りですから、お待ちしております
             多鹿哲哉より

山廃もろみの品温管理です。

ファイル 117-1.jpgファイル 117-2.jpgファイル 117-3.jpg

外気温を確認してから
もろみの状貌を見て、品温を測って、
もろみの味を見たりして、夜の見回り

この1週間は、
最近には記憶のないほどに、
外気温が上がらないままで、零下の日が続き、
さぞや、もろみも冷えてて
酵母が可哀想だからと、タンク下に行火をいれてあげてます。

そんな写真を撮ってたら、
住吉さんがちょけてポーズとると、そんな昨日の姿。

日本酒の縦系列での味わい、「 奥播磨 純米 生 」

ファイル 116-1.jpgファイル 116-2.jpgファイル 116-3.jpgファイル 116-4.jpgファイル 116-5.jpg

縦系列での味わいを楽しむ、というのがあります、
年度の異なる、同じラベルのお酒の飲み比べです。
熟成の過程を知る、絶好の機会ではあります。

( 昨年も、
姫路市琴岡町の下山酒店さんのお客さんで、
「 縦系で奥播磨の酒を楽しむ 」会を開いて頂きました、
その時は、15BY酒と16BY酒の生熟成の飲み比べだったと記憶しています。 )

今回は、例えば上記の写真、
「 奥播磨 純米 生 」の21BY酒と、22BY酒。
【 22BY酒 】=しぼりたて新酒。骨格のはっきりとしたお酒です。どっしりとした旨みと、渋みも感じられる「 the食中酒 」
【 21BY酒 】=ひと夏越えの生熟成。大人びた丸み、食中酒の本領としての味の広がりがあります。わずかに感じられる焦げ様もオススメです。

宜しくお試しくださいませませ!

「 奥播磨 超辛 黒 生 22BY 」の発売日、どえれえ除雪作業

ファイル 115-1.jpgファイル 115-2.jpgファイル 115-3.jpg

今日もまた、
しかも昨日の倍の嵩、背中痛いです。

昨夕からの雪が、明け方近くまで降り止みませんでした。
雪の反射がまぶしく、目をほそめて
おっとこ前な顔しながら除雪作業です、
事務員さんの駐車場、蔵内の通路、運送店のトラックの場所、お客さんの駐車場、
全部、いわしときました。
( 写真は、安志のメインストリートを除雪作業中の四方路組さん、ご苦労様でした!)

出荷も無事、済ますことができました、
1月17日(月)発売開始、
「 奥播磨 超辛 黒 生酒 22BY 」
旨みたっぷりな辛口酒です。

※ 雪の影響で、若干、ヤマト運輸さんの配送が遅れる地域があるやも知れません、が、安全運転こそ第一ですもんね。

安志下村酒造店、思った通りに雪積もる

ファイル 114-1.jpgファイル 114-2.jpg

ほらね、思った通りに
雪積もる、嵩150mm
道路と敷地とか、境が隠されてます、
鉄板の上とかグレーチングとか歩くと危ないんで、
蔵内の通路だけは、ちょっとだけ雪かきしてきました、
明日、17日(月)は、
「 奥播磨 超辛 黒 生酒 22BY 」、
下村酒造店の22BYしぼりたて新酒の第6弾めの発売日ですから、
通路に雪が凍てったまんまだと、ちょっと
めんどいんで、
でも、フォークリフトにチェーン巻けばいいだけのことで、めんどいけど、
最悪、出荷の所定の場所まで50メートルほど手運びすればいいだけのことで、とてもめんどくさいけれど、
まだ振るんかえ?気になるなあ、
まだ降り続いてます、いや、
ちょっと外を見てきます、
止んでました。

「 奥播磨 超辛 黒 生酒 22BY 」
  

つれづれ、つれづれ15日の土曜日、下村酒造店

めたくた寒い風、
安志の外気温は日中でも3℃までしか上がらず、
きっと明朝には、雪が積もってるに違いありません、
事務所仕事は体を動かしませんもんね、
灯油ファンヒーターが頑張ってくれてます、
瓶場ではマッチ練炭、
あっ、
マッチ練炭の紹介は後日また、

昨日は、
お正月にバイトしてくれてた芦田くんが、夕方5時半、
友達を伴って訪ねてきてくれました、
初めて見るスーツ姿で、
おっ、写真撮り忘れた、
その友達が、
やあやあ、名前を伺い忘れた、
贈り物で燗にして旨い酒を持参したいんだって、
なら、色々あるんだけど、
焼肉なら文句なしに
「奥播磨 山廃純米スタンダード」
もう1本、
燗の失敗がまづ有り得ない熟成酒
「白影泉 純米吟醸 しもむら」なんか、どうですか、って、
なら、
そのオススメでギフトセット作ってくださいって、
お買い上げいただいて、
のしは必要ですかって尋ねたら、
御祝でお願いしますって、
そいで僕がすらすらって書いてあげて、
あっ、思い出した、西田直人さん!、
またのご来店、宜しくお願い致します

今日の晩飯は、
四方路さんから頂いた猪肉と鹿肉なんです、
もー、涎れる、食ってきます、
また明日。

いい熟成してます、「 奥播磨 阿波山田60 生 21BY 」

ファイル 112-1.jpg

僕も一緒に飲んでたんで、
記事にしようと思ってたんですけど、
荒木くんが、
先に載せてて、この下の記事↓、
同じ意見だし、
ま、
いいかって、
でも、
写真を忘れてんじゃんって、

載せときました、

果実様の熟熟感な旨みがたっぷんで、
果実様の熟熟感な含み香もたっぷんで、
燗はあてなかったんで、あれですけど、
常温で飲んでて( お鍋の側に瓶を置いて、10℃~15℃くらいまで温度を戻してあげて )、
旨いんす。

いい熟成しております、
「 奥播磨 阿波山田60 生酒 21BY 」

下村酒造店のふるまい甘酒、番外の弐 ( 素敵な笑顔 )

ファイル 107-1.jpgファイル 107-2.jpgファイル 107-3.jpgファイル 107-4.jpg

素敵な笑顔の陰では、この男、
格好良すぎまんがな、製造部 荒木さん、下段の写真

蔵の250リットルのタンクで仕込んだ甘酒を、
大鍋で温めている絵です、

もちろん、
甘酒の麹は、うちの麹です、
製造部 妹尾聡一郎が造りました。

下村酒造店のふるまい甘酒、番外の壱 ( 素敵な笑顔 )

ファイル 106-1.jpgファイル 106-2.jpgファイル 106-3.jpgファイル 106-4.jpgファイル 106-5.jpg

1月3日の、
チーム奥播磨の素敵な笑顔です。

下村酒造店のふるまい甘酒、その参

ファイル 105-1.jpgファイル 105-2.jpgファイル 105-3.jpgファイル 105-4.jpgファイル 105-5.jpg

その参。