2003/12/08   室(むろ)麹を製造する場所のお話。

 


 

 

 
 
   

この写真は「室(むろ)」です。
「こうじ」を製造する場所を「こうじ室(むろ)」と言います。
一般的には、「むろ」と呼んでいます。
日本酒は主として寒冷な時に醸造しますが、こうじ菌の発育温度が高い(30〜40度)のと適当な湿度を要する為、こうじ(麹)造りには、外気と遮断した部屋「室(むろ)」が必要になります。
具備の条件としては下記のことが必要となります。
1.保温が十分できること
2.換気通風を行いやすいこと
3.室内に湿気で露を持たないこと
そのため平面図や側面図のような設計になります。
写真の壁にかかっているのが「箱こうじ箱」です。一般的には「箱」と言います。
大きさは、60x80x深さ10センチで、1つの箱に10キログラム程の「こうじ」を盛って(入れて)います。
手前の毛布をかけている場所を「床(とこ)」といいます。壁側の「箱」を置いている場所を「棚」といい、むろの壁際につくられています。
 

   

こうじ室(むろ)   箱

 
 

前回便りへ次へ履歴

 

蔵元紹介奥播磨のふるさと商品紹介奥播磨と出会う|蔵便り|ホーム
ALLright reserved,Copyright(C)2001,Shimomura-syuzou.