2003/12/29      純米酒の袋吊り斗びん取りを行いました。
 

 
   

純米酒の袋吊り斗びん取りを行いました。
全国新酒鑑評会に出品する際に行う技法で、イラストのように15リットルづつ完熟したもろみを入れて吊り下げます。まったく圧力をかけずにしぼるので、雑味を感じることなく、まろやかな旨味のお酒に仕上がります。
出品は来年になりますが、あとの計画としては、純米吟醸山田錦50%・山廃純米夢錦55%を考えています。
本年も残り少なくなってきましたが、どうぞ良いお年をお迎えください。

   
 
 
 

前回便りへ次へ履歴

 

蔵元紹介奥播磨のふるさと商品紹介奥播磨と出会う|蔵便り|ホーム
ALLright reserved,Copyright(C)2001,Shimomura-syuzou.