2005/01/01    新年明けましておめでとうございます 。

 

 
   

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
去年の12月中旬より、熟成酒の仕込みをしています。12月19日からは「純米山田八錦割磨き」で12月21日からは3年熟成の「しもむら」を仕込みました。
純米山田錦八割磨きは、去年の10月に新発売の商品でしたが評判がよく、今は品切れです。今回の仕込み分は、生タイプが17年5月より発売予定。火入れタイプは、17年10月の発売予定です。
 

   

だいぶ先の発売ですが、よろしくお願い致します。
今日は、12月19日に仕込みを始めてからの様子をお知らせします。

純米山田錦八割磨き

   

12月19日添仕込み
12月20日踊
12月21日仲仕込み
12月22日留仕込み
この4日間で仕込が完了です。
留仕込みでかい入れを行っているのが、私です。
まじめにかい入れを行うと、重労働です。1,500m走るくらいの体力を消耗するのかな?
息が切れます。さあこれからが発酵です。

12月22日留仕込み。
かいを入れています。

   

留仕込みのつぎの日を留後2日目と言います。その次の日が留後3日目です。

12月23日 留後2日目です。

 

留後3日目になると、発酵してもろみの様子が変わってきました。一般的には「発酵もろみの状ぼう」と言いますが、私たちは「もろみのつら」と言っています。もろみのつらが、○○○になってきている、とか。

12月24日 留後3日目です。

 

ずいぶん泡が出てきました。岩のようになっています。
岩泡と呼んでいます。
岩のように見えるでしょう。

12月25日 留後4日目です。

 

もろみのつらが高泡になってきました。
日がたつごとに泡が、増していきます。

12月26日 留後5日目です。

 

高泡が続いています。
5日目に比べて20〜30センチは高くなっています。

12月27日 留後6日目です。

 

さらに泡が高くなりました。
12月26日の泡と比べるとよく分かります。泡の深さは60センチはありそうです。

12月28日 留後7日目です。

 
     
今日はこの辺で、留後8日目からは次回にお知らせします。           専務 下村裕昭

追伸.3年熟成「しもむら」は、17年10月にいよいよ新発売です。今回仕込みの分は、19年10月発売予定分です。
 
 
 

前回便りへ次へ履歴

 

蔵元紹介奥播磨のふるさと商品紹介奥播磨と出会う|蔵便り|ホーム
ALLright reserved,Copyright(C)2001,Shimomura-syuzou.